2016/11/22 11:18

沿線はりんごの季節。波田地区を走る上高地線の車窓はこの時期真っ赤な果実によって彩られます。このりんごと電車を写真に収めたく,この日は沿線に繰り出しました。まずは下島-森口間で撮影した一枚。宅地化著しいこの区間ですが,線路沿いの所々にこうしたりんごの姿をみることができます。
午後3時,早くも西陽の照り始めた波田‐下島間での一枚。すいかのイメージが強い波田地区ですが,りんご,もも,植木などの生産も盛んで,かつては上高地線を使ってこれらの特産物が全国に届けられていたそうです。

2016/11/18 23:15

秋の西日が射す旧島々駅舎です.老朽化と耐震基準を満たしていないことを理由に昨年より使用停止となっているこの建物ですが,こうして山を背に立つ姿からは,新しもの好き(はいから)で,山がすぐそばにあるという松本の地域性が感じられます。地域の個性は文章や紙媒体にして触れることが多いのですが,建物というのもまたこれを伝えて呉れるものなのです。
11月14日の閉山祭を以て上高地の観光シーズンはおしまいです。最後の週末に当たるこの日は、午後になると山からのお客様が次々と。皆さん早くも冬の装いです。これから4月まで,山の終着駅の静かな5ヵ月間がはじまります。
…と,悠長なことを書いていますが,実際はこの時期こそ一人でも多くのお客様に利用していたけたらな…という思いもあります。12月に入りますと,写真のようなイベント列車(詳しくはこちら)の運行やイルミネーションもございます。しましま線の日も時間を変更して実施して参りますので,是非冬の上高地線へもお越しください。

2016/11/15 2:39

このところ上高地線に乗っても,松本⇔新村間を往復するばかりの日々が続きましたので,天気の良いこの日は沿線に出てあちらこちらへ歩いてみました。まずは下新駅で下車。線路沿いの道を歩いていくと,柿の木が一本,青空に向かって枝を伸ばしていました。写真を撮ろうと待っているとご主人がいらして色々お話を伺うことができました。
ホームから東山を望みます。今シーズンは遅れていた紅葉もこの2週間で進み,光線と相まって山の表情も秋らしくなってきました。写真右手,屋敷林を背に立つ蔵の建物は亀田屋酒造店です。

2016/10/24 21:08

西の山がよくみえる朝は渚駅でふと降りてみたくなります。ホームの西端に立つと真正面に見えるのはまだ雪のない常念岳,北アルプスの女王とも呼ばれるこの山に因んでいえば,今年の冬の「戴冠」はいつになるのでしょうか。真新しいコンクリート製の架線柱が並ぶ線路を上り松本ゆきがやってきました。
駅の待合室でちょっと気になるポスターを発見。秋の装いに身を包み,千歳橋の上に佇む風の夫人の写真と,歩こうBIZのタイポグラフィ。これは松本市健康経営研究会によるポスターで,通勤通学に徒歩や公共交通機関を用いることで,働く世代の運動する機会を増やそうという企画のようです。ポスターをよくみると「協力:井上百貨店」とあり,徒歩通勤に合ったコーディネートも提案しているようです。弊ブログでは,市民の交通行動を促す上で,イメージを用いた発信に力を入れて欲しいと何度も書いてきました。まさにこういうことです。ところで下のポスターは…しましま本店!上高地線の各駅のほか,車内でもB3版のポスターの掲出がはじまりました。
ポスターの掲出のほか,きっぷ型の「ちらし」も配布しております。只今,上高地線沿線・松本市内を中心に30を超えるお店・スポットに置かせていただいています。(地図)写真は渚駅前のエフエフショップアサワ様。お店の中で焼いているのワッフルは午後にはほとんど売り切れてしまう名物です。日曜日はお休みなのでご注意を。

2016/10/18 20:26

10月に入りお天気も安定しつつある松本平。この日も朝から燦々と秋の日射しが降り注ぎ、まちの西側をみると北アルプスの山々がその稜線を青空に淡いトーンで描いていました。お散歩日和のこんな日にまず降りたのは下新駅。乗鞍岳から北の山々までを望むいつものポイントで上り電車をパチリ。
ちょっと足を伸ばして、近くのコスモス畑にも行ってみました。地元新村のくれき野生産組合さんの手によるこのコスモス畑は広さにして9000平方メートル。一面に咲き乱れるお花に圧倒されるのですが、ご覧のようにバックには常念岳をみることもできるのが大きなポイント。電車の中からは見ることができないのが惜しいところです…。
コスモス畑から下新駅へは国道158号線経由で7分ほど。駅前の花壇にはコスモスに負けじとマリーゴールドやサルビヤ、ペチュニアなど花壇でお馴染みのお花がひしめいていました。素敵な秋の上高地線沿線、天気の良い日には是非お出掛けください。
【お知らせ】

古い電車で本と語らいを楽しむ小さな旅。しましま本店は11月5日・6日の開催です。会場は新村駅のすぐそば!ご来場の際は是非上高地線電車をご利用ください。

2016/10/02 6:23

10月です。9月の中頃から続いていた関係者泣かせの長い長い雨もやっと収まり、ちらと晴れ間の覗く上高地線沿線です。写真は1日(土)の新島々。雨がやむのを待ってました!とばかりに、山へ向かうお客様が次々と降り立ちます。
接続する上高地ゆきバスの前にも乗車を待つお客様の列が。やはり海外からのお客様の姿も。ターミナルとしては小さな駅ですがこのような工夫にも近年力が入れられており、誘導ラインを示して「Kamikochi?ThisYellowline」と片言で案内するKさんの姿が印象的でした。
駅隣のカフェプレイエル・ギャラリーやましろさんでお茶をします。ここでは版画家加藤大道の作品を楽しむことができるのですが、現在は山の日にちなみ「加藤大道版画展2016北アルプス~山の情景~」として新たに発見されたものを含めた展示となっています。作品制作の傍ら手掛けた上高地・松本みやげのパッケージは、まだグラフィックデザイン等という言葉が広く使われる前のものと思われますが興味をひかれます。しましま本店のおしらせも置かせていただきました。新島々訪問の際は、電車を一本見送って、是非。山の水がうまい。

2016/09/26 22:21

秋分の日に続き、9月24日(土)も松本へ出掛けました。まずはまつもと一箱古本市の如く台車をゴロゴロと引きずってあがたの森へ。この沿道に路面電車浅間線があったことは広く知られた話ですが、その運行間隔は廃止直前の昭和39年でも10分毎。ほぼ同じルートを走る信大横田循環線は毎時2本。これがせめて4本あれば「ちょっと待つか」となるのですが、現実は「歩いた方が早い」のです。
あがたの森では『市民活動フェスタみんなの学校2016』が開かれていました。上高地線応援隊(古い電車で新しい語らいの会)もブースを出展。その一角をお借りして「しましま本店」のPRをさせていただきました。このところの天候不順と立地もあってか来場者はそこそこでしたが、上高地線のことも含めてご案内させていただきました。

市民~を終えたその足でバス北市内線に乗り込み蟻ヶ崎へ向かいました。北市内線はその路線図や西回り/東回りの案内ををみると循環線にみえますが,実際には松本駅前が起終点。今回のように駅の東側エリアから北側に出る場合は一旦降りる必要があります。勿論運賃もここで一区切り。400円かかりました。電子切符が導入されれば乗り継ぎ割引などできそうですが…暫く待つことにします。

バスを降りて向かったのは『実家カフェ』さん。こちらでは現在『実家展』が開催されています。松本や安曇野出身・在住の作家さんによる雑貨と,作家さんの実家に眠っていたという品々が並びます。これが昭和の住宅を使った実家カフェさんの空間にマッチしない筈がありません。いま松本のまちには「20年前の吉祥寺のような」ムーヴメントが起こっていますが「20年前の下北沢のような」空間もあるのです。(あっ、そういえばどちらも3000形が走っていた街ですね!)
昼食にはちょっと遅い時間でしたが、ランチプレートをいただきました。実家のゆるさを前面に出しながらも、一皿一皿丁寧に作られる食事。ついつい通ってしまう理由はそこにあるのかも知れません。松本城、開智小学校見学の際は、そこからちょっと足を伸ばしてこの空間を体験してみてはいかがでしょうか。
実家カフェさんのブログはこちらから