2018/07/12 11:25

この日は自転車に乗って大庭から下新にかけての沿線をうろうろ。空一面にうっすらと広がる雲と、ぼんやりとみえる東山。それらを背にやってきた新島々ゆき電車はリバイバルカラー列車でした。手前の田んぼの稲も大分緑色が濃くなりました。
お次は大庭と下新の間に広がる田園風景のなかへ。線路の南側を走るとねぎ畑が広がっていました。農道にはスズキのキャリイが一台。のどかな風景のなかを松本ゆき電車がやってきました。車内は混雑がはじまっています。
ねぎの次は麦です。この沿線の多くの場所では6月の中旬までに刈り入れが済んでしまいましたが、下新の大カーブの内側にはこのようにまだ残っている箇所もありました。厚い雲の切れ間から時々日が射す梅雨時の夕暮れです。
最後はまだ東山とリバイバルカラー列車のカットを。時刻は午後6時過ぎ。家路に着く人々を乗せて列車は西へ向かって走ります。(訪問日:2018年6月28日)

2018/07/01 19:57

梅雨の合間の晴れた午後に信濃荒井周辺の沿線を巡りました。まずは最近の定番奈良井川鉄橋から。夏らしい陽射しの中を新島々ゆき電車がやってきました。背後に見える台形の山が美ヶ原です。
河原からみたカット。濁流の奈良井川をそろりそろりと電車が渡ってゆきます。

お次は信濃荒井駅と大庭駅の間の沿線から。この駅の間は800m余りの短い直線があります。上高地線では唯一である第3種踏切(警報機はあるが遮断機のない踏切のこと)にリバイバルカラーがやってきました。背後に見えるのはNHKの電波塔。
この短い沿線にも田んぼがあります。すくすく育つ稲が西日に輝く午後3時。松本平にも夏が来ました。

2018/06/28 8:19

この日は山から下りてすぐ新島々駅付近の沿線に出かけてみました。まずは駅から800mほどのところにある築堤を走る下り電車を撮影。実はこの時間のこの場所での撮影には何度もトライしているのですが、○回目にしてやっとへこちらで紹介できる写真を撮ることができました。
良い写真が撮れたので意気揚々と新島々駅方面へ向かいます。国道158号線沿道にはお土産品店が店を開き、長野県側最後のセブンイレブンである波田赤松店の駐車場はクルマで混み合っています。
更に駅方面へ進んでゆき、新島々駅/バスターミナルの大きな屋根が見えてきたところにあるのが「ゲストハウスしましま」さんです。今夜はこちらに宿泊することにしました。昨年の5月にオープンしたばかりのお宿です。オーナーさん(若い!)にお話を伺うと、以前も旅館として使われていた建物を改修しているそうです。
お部屋には旧旅館時代の名前がそのまま使われています。案内されたその名も「西穂」のお部屋に入ると...筆者にとっては夢のような光景が広がっていました。この、ゲストハウスしましまさんについては別記事にて詳しくご紹介いたします。

2018/06/14 20:46

6月6日に梅雨入りが発表された関東甲信越地域。上高地線の走る松本もこの日は夕方から雨でした。夕立のなか、田植えの終わった田んぼの横を新島々ゆきの電車が走ります。車内には家路を急ぐ人々が。
雨が降り出した頃の奈良井川鉄橋。川原に無造作に生えたニセアカシアの枝を風が揺すります。空は厚い雲が広がっていましたが、遥か彼方、北アルプスの峰々が残光の中にうっすらと浮かび上がっていました。
ここでちょっとした資料のコーナー。まだJRが国鉄と呼ばれていた頃の松本駅のスタンプです。松本城と共に描かれるのは美ヶ原、そして北アルプス。DISCOVERJAPANの文字があるところから、これは1970年代のものと推測できます。この頃は松本=岳都のイメージが強かったのでしょう。

翻って現在は、三ガク都として楽都、学都、岳都のイメージを打ち出している松本。前二者は市街地に施設があり、イベントもあるのですが、そのせいか元々の岳都の印象が後退してしまっているような少気もいたします。

2018/06/11 11:30

この日は森口駅からスタート。上高地線では唯一相対式ホームのあるこの駅で、まずは1日2回しかない上下線の列車の交換を撮影しました。この日はリバイバルカラー列車と松本山雅FCのヘッドマークをつけた3001-3002編成が走っていました。

正午に近い時間だったので、駅から北に800mほど行ったところにある「NAMASTE」さんを訪ねました。今年の春できたばかりの南インド料理のお店です。芋のスープやひよこ豆のコロッケなど10種類以上の副菜と共に食べるカリーをいただきます。味はもちろん、見た目もカラフルで食欲をそそります。

店内には畦地梅太郎の作品や山の本がありました。ご主人にお話を伺うと、上高地の山小屋に勤務された経験があり、山がお好きなのだそうです。岳都松本や、山ゆき電車として親しまれてきた上高地線ですが、その沿線には山の好きな方によるお店や場所が今までなかった(過去にはあったがいつの間にかなくなってしまった)ように感じていました。そんな中で、このようなお店ができたことを内心嬉しく思う筆者でした。

2018/06/07 9:39

関東甲信越地方の梅雨入りが発表されたこの日。上高地線が走る松本は朝から降ったり止んだりの不安定な天候でした。それでも15時近くになると一旦雨が上がりましたので、ちょっと沿線へ。
大庭と下新の間の田園地帯へ。北の山々は厚い雲の中でしたが、その中で唯一乗鞍岳が雲間から顔を覗かせていました。小麦が色づきはじめた雨上がりの沿線を電車は走ります。
6/6付の市民タイムス紙によれば西部地域の小麦生産は上高地線よりも南側の笹部・神林などが主要地で今年は650万haの畑に作付けされているそうです。さきほどの列車が折り返し新島々ゆきとしてやってきました。リバイバルカラー列車は昨年6月3日の登場。もう一年経ちました。

2018/05/28 13:06

この日は山と電車を色々とみて歩きました。まずは定番中の定番奈良井川の土手へ(渚-信濃荒井)ここからは鍋冠山、常念岳、横通岳など多くの山々がみることができます。まだ朝早い時間帯で側面に日が回らないことが予想されたので、あえて上流側に立ってみました。
こちらも定番中の定番である大庭と下新の間の田園地帯。電車のバックに控える山々は先ほど奈良井川土手でみたものとほぼ同じですが、印象が少し違いませんか? みる場所によって印象が大きく変わるのは山と電車を撮る上でのひとつの楽しみです。
続いて乗鞍岳。上高地線の電車や松本駅からはよく見える乗鞍岳ですが電車と一緒に捉えるとなると場所が限られて参ります。筆者のお気に入りは下新駅より少し西側にいったここ。ここから北新・松本大学前までの間は色々な山と電車の取り合わせが楽しめます。

ここで寄り道。下新駅から徒歩3分のところにあるレストラン上高地で昼食です。名前の通り上高地へ向かう国道158号線沿いにあります。上高地線沿線はコンビニやカフェなどは複数ありますが、定食の食べられるお店は余り数がなく貴重な存在です。写真はスタミナ定食。味、量、価格、スピードともに満足。詳しくは伺わなかったのですが、お店の方のキャリアの長さを感じました。

2018/05/16 0:02

上高地線の大庭と下新の間の沿線でも,田んぼに水が入っていました。先日出かけた渕東や新村付近よりもここは少し遅いようです。風が少し出ていたので水鏡は断念しましたが、北アルプスの山々をバックに走る電車をまずは一枚。
上の写真のすぐ松本寄りにも水を張った田んぼがありました。折り返しの新島々行きを待って一枚。こちらの背後に見えるのは旧小県郡との境にある三才山です。ひときわ背の高いNTTの西松本交換所の鉄塔が平凡な風景のよいアクセントになっています。
更に待って次の松本ゆき電車も撮影。ここに撮影に来ると通りがかりの方によく話しかけられるのですが、この日の第一声は「今日は乗鞍が真っ白だね」でした。この写真の一番奥、一面白色に輝くその山が乗鞍岳です。やってきたのはなぎさTRAIN。「全国”鉄道むすめ”めぐり」のヘッドマークをつけています。同企画は今月末まで。この姿もまもなく見納めです。
(歩いた日:平成30年5月11日)

2018/05/12 7:34

上高地線沿線は新緑の季節。この日は雨が上がるのを見計らって、波田駅から歩いてみました。駅から渕東方面へ200mほどのところにある第4種踏切のそばで待っていると、リバイバルカラー列車がやってきました。坂の少し上からは小水力発電のために設けられた水車のバタンバタンという音が聞こえてきます。

線路沿いの小径にはツツジが植えられています。旧波田町の花。現在も波田地区のまちのあちこちで見ることができます。写真の左手崖下には中学校があるのですが、部活動でしょうかスポーツをする生徒のたち声が聞こえてきました。

波田堰に沿って歩いてみます。取水口は赤松地区にあり、総延長は23km、灌漑面積は300haに及びます。現代の波田地区は下原すいかに代表される農業のまちですが、それは明治7年に通水したこの堰の存在が大きく関わっているそうです。こうして水辺をただ歩くだけでも良いのですが、案内板の類があっても良いのかな、と筆者はここを歩くたびに思います。

渕東側に出ると線路の両脇に田んぼが広がっています。先ほどの波田堰はカメラをもう少し左手に振った一段高い所を通っているので、この田んぼもその水によって満たされているのでしょう。筆者のように現代に生きる者がこうして水鏡のある美しい風景を写真に収めることができるのも、こうした先人の存在があってのことです。


(歩いた日:平成30年5月9日)

2018/05/08 8:55

新村から三溝にかけての上高地線沿線には、線路の両脇に田畑が広がっています。ここは年によってコメ、そば、大豆など作付けされる作物が変わるのですが、今年は田んぼに水が張られていました。風が出ていたので水鏡はちょっと厳しいかな...と思いつつ電車を待っていると、やってきたのはリバイバルカラー。早いもので、この色になってからもうすぐ1年。
線路の北側も今年は田んぼになるようです。屋敷林の向こう側からなぎさTRAINが姿を現しました。水鏡は潔く諦めて引きで撮影。冬の間鉄粉で茶色く汚れていた電車は5月の連休を前に綺麗に掃除されました。写真映えしますね。

続きを読む...

2017/08/05 18:05

上高地線の新村-北新・松本大学前にあるひまわり畑が今年も満開になりました。8月5日(土)・6日(日)には松本大学の学生さんによる「ひまわり祭り」も開催され上高地線電車にも「新村のひまわり」をPRするヘッドマークが掲出されました。
筆者が訪れた際は電車と花の組み合わせを狙うらしいカメラマンの姿も見られました。この電車とひまわりの組み合わせは2009年頃からメディアにも登場するようになりましたが、ここに来てすっかり定着してきた様です。ちなみに…今年は例年より花の背が高い?と見えて、理想の構図を撮るには踏み台・脚立等があった方が良いかも知れません。12日頃まで楽しめるそうです。訪問はお早めに。

2017/06/11 21:41

モハ10形カラーの電車(3003−3004編成)が走り始めて早一週間。この日は沿線の各所で同編成を撮影して廻ることに。まずは北新・松本大学前−下新にて。北新・松本大学前駅の南東歩いて3分ほどの場所から北アルプスを仰ぐ形で上り電車を捉えます。
こちらは渕東−波田にて。上高地線では数少ない俯瞰ポイントです。普段のダイナミックストライプも勿論良いのですが、やはりこの山と田園に囲まれた、30年前と大きく変わることのない風景にはオレンジとグレーのツートンカラーがより似合うのではないでしょうか。リバイバルカラーはとかく車両にばかり目が行きがちになりますが、こうした沿線風景の中に置いた時に価値を持つような気がいたします。
…とはいえ、やっぱり車両主体で撮りたくもなるのがこの趣味の世界の人間です。順光になる時間まで待って、下新−北新・松本大学前の大カーブで下り電車を捉えました。下新駅からは歩いて7分ほどです。
以前ならば『同じ色の電車ばかりでつまらなーい』と言われた上高地線ですが、なぎさTRAINを加えてこれで3種類。運用情報はバスウォッチャーにて公開しておりますのでお確かめの上この機会に是非お出かけください。

2016/08/31 20:34

明日より9月。盛夏の頃よりも日射しが和らぎ,空気の澄む日が増えて,上高地線電車の車窓に山々の稜線をみることを期待できそうな,そんな季節のはじまりです。写真は下り電車が西松本を発車した直後の車内より。
さて,先々週の話ですが,コワーキングスペース『Knower(s)』を利用しました。デザイン?コミュニティ?ソーシャル?と何となく興味があるけれどこれまで余りタッチできずにいた横文字群の中に含まれていたこの場所。実際利用してみて,成程,筆者のように「なーんか,できないかなー」とぼんやり考えている人(本当はもっとしっかりとした考えがある人の方が良いと思うけれど…)こそ足を運ぶべき場所だと感じました。
4月にこちら(長野県)に戻ってきて,訪問回数を増やしたり「しましま線の日」を開いてみたり,その他色々考えたりして早5ヵ月が経過しました。この辺りでぼちぼち「やってみたかったけれど,やれずにいた」そんなことに取り組む時期になったのかな,と思う8月の終わりでした。

2016/08/27 7:38

この日もまた新村-三溝の専称寺ヶ原へ.線路の向こう,島々谷の向こうには乗鞍岳が顔をのぞかせていたのですが,電車の通過時にはあいにく雲の中.初夏のカエルに代わって虫の声が聞かれるようになったこの沿線ですが,山の姿がはっきりとみえない辺りはまだまだ夏を感じさせます.
川久保踏切付近の様子です。今年の新村-三溝間ですが,新村よりでは線路の南側にそば畑,北側では稲作が行われています.今年も車窓に信州らしい表情を見せてくれそうな,そんな沿線風景です.
今週末は雨または曇りの予報が出ている松本平.お出かけの際はお気をつけて.

2016/08/23 20:13

ある日の夕刻、雨が上がったばかりの沿線に出掛けてみました。新村から20分、田園地帯を上高地線の線路に沿って歩き、用水の流れる堤防の上へ。例によってああでもないこうでもない、とやっている内に西陽を真向に浴びた「なぎさTRAIN」が通り過ぎてゆきました。
線路の南側に青々と広がる田圃。近づいてみるとその一つ一つにはもう稲穂が出ていて,一足早い秋のはじまり,そして短い夏の終わりを感じるのでした。上高地線の穏やかで美しい季節がやってきます。