2018/06/04 21:37

6月.山々の緑がすっかり濃くなった初夏の上高地です。4月に来た時はまだ真っ白だった穂高連峰も随分と雪が溶けて谷間に残るばかり。まずは梓川の岸に立って河童橋をいれた定番中の定番の構図で一枚。バスを下りて5分足らずでこれだけの風景が見られるのは上高地線のひとつの魅力でしょう。
まだ時刻は10時前でしたが、橋の周りには沢山の観光客がいました。夏には上高地銀座と称されるほどの賑わいを見せるここなので、この程度の人出はまだ序の口といったところでしょうか。そしてこの日も聞こえてくるのは異国の言葉。
こちらは上高地バスターミナルの様子。アルピコ交通のバスのほか、国内各地からのツアーバスがずらり。『釜トンネル 上高地の昭和・平成史』によると、上高地を訪れる人の3分の1弱がこうした観光バス利用とのこと。滞在時間は2〜3時間ですので、河童橋周辺か大正池周辺を歩いて帰るのでしょう。

○上高地・乗鞍高原への電車・バス時刻表はこちらから

2018/05/30 23:12

こちらはバスターミナルから徒歩25分ほどのところ、穂高橋よりみた穂高連峰の様子です。筆者が今年はじめて上高地入りした4月の下旬に比べると随分雪が溶け、前景となる河畔の木々は燃え立つような黄緑色となっていました。
この日は西陽が射しはじめてからの上高地入りとなりましたが、電車には同じく上高地へ向かうお客様が20名ほどいらっしゃいました。割合としての一番多いのはやはり外国からのお客様です。国はバラバラ。
このように、電車とバスを利用して上高地入りするお客様に配慮してか、新島々駅で配布されている時刻表も、日本語、英語、中国語、アラビア語のものがそれぞれ用意されていました。
ところで、バスターミナルに掲示されている路線案内図が新しいものに交換されていました。イラストは松本在住の漫画家・エッセイリストの鈴木ともこさんです。

2018/05/13 7:30

案内人が沿線の風景や見どころをご案内する上高地線 観光案内電車。今年度の運行が4月26日よりスタートしました。観光案内は土休日を中心に松本発 10:10 11:28 13:28 発の新島々ゆき電車にて実施。特定日にはバイオリンの演奏もお楽しみいただけます。乗車券のみでご乗車いただけますので、上高地線や上高地へお出かけの際は是非ご利用ください。

観光案内電車でのバイオリン演奏は、昨年よりはじまったものです。筆者はなかなかタイミングが合わず、今年はじめて乗車することができました。

写真は演奏をする牛山孝介先生です。誰もが一度は耳にしたことのあるクラシックの名曲やポピュラーを車内の我々の元に届けてくださいます。移りゆく上高地線の車窓と共に楽しめば、片道30分の小さな旅がより素敵なものになること間違いなしです。

詳しくはアルピコ交通公式サイトをご覧ください。

新島々に到着すると山に向かうお客様と入れ替わりに松本へ向かうお客様が多数乗り込んできました。上高地はこれからが本格的な新緑の季節。どうぞ上高地線の観光案内電車に乗ってお出かけください。
(乗車した日:平成30年5月12日)

2018/04/16 12:17

このところ「上高地線の新しい〜」と称する記事が続いていますが、今回は電車の行き先を示す方向幕の話題です。この4月より新しいデザインのものが使われています。今回のデザイン変更は2011年の4月以来のこと。1999年の3000形電車デビュー後は3度目となります。写真は方向幕が変更された後のリバイバルカラー列車。第881回で紹介した窓ステッカーの貼り付けもあり、少し印象が変わりましたね!
今回から使用がはじまったデザインです。上高地線はワンマン運転を実施していますが、今回7年ぶりに表記が復活しました。ところで、過去の方向幕には、松本・新島々の他にも回送・団体・快速新島々・快速松本のコマがありました。快速松本は既に運転されていないため、そこも含めてどうなったのか...現地でお確かめください。

※今春の"快速 新島々"ゆき列車の運行は4月28日・5月3日の予定です。
詳しくはアルピコ交通公式サイトをご覧ください。


おまけ
過去の方向幕のデザインもご覧ください。今回のものはこの2案を折衷したものともいえそうですね。


デザインの話になると、どうしても気になるのが使われている書体のことです。欧文はHelvetica(Neue?)と思われますが、和文表記の書体は全く見当がつきません。この丸ゴシックはいったい...。

2018/04/09 12:15

その①上高地線を走る3000形電車にドアステッカーが貼り付けられました。これまでもドアガラス部分には「入口」「締切」などカッティングシートによる表示がありましたがそれを改めた形となります。写真は車内から見た様子。従来の加え、出口の場所、全扉が開閉する駅の案内が情報として追加されています。
外からみた様子。全14駅中7駅が無人駅、また係員のいない時間帯のある駅が多い上高地線では、締切となる扉もあります。以前は余り乗り慣れていないお客様が締切の扉の前で待っている...という光景も目にすることがあったのですが、表示が変わったことにより改善されるのではないでしょうか。
その②新島々方の運転室後ろに鉄道車両用非常脱出ハシゴが備え付けられました。列車の運行中に災害や事故が発生し、駅と駅の間などでお客様の降車が必要となった場合に使われます。こういったものが使われる機会がないのが一番ですが。
小ネタ:一時姿を消していた「井上友の会」の広告ですがモハ10形リバイバルカラー列車(3003+3004編成)でしれっと復活していました。以前のステッカーではなくカバーをかける形のものですが、どうやら先代の5000形時代に使われていたもののようです。いったいどこからでてきたのでしょう...。

2018/03/21 22:06


3月17日のダイヤ改正後、上高地線電車で使用されている自動放送が変更されました。上のビデオは、上り列車の新村駅発車後に収録したものです。これまで通りの日本語の次駅案内に加え、今回は英語による次駅案内も加わりました。英語の案内では、駅ナンバリングもアナウンスしています。

また北新・松本大学前では、ダイヤ改正に合わせホーム側の全扉を開閉するようになりました。同駅は曲線上にホームがあるため、乗り降りの際の注意喚起なども放送には追加されています。
こちらは松本到着前の放送です。松本の到着時は以前から日英中韓の4ヶ国語による放送が行われています。日本語、英語放送については変更されていましたが、中国語・韓国語については以前のものがそのまま使用されているようです。また、松本出発時に車外スピーカーから流れる音声についても従来は「上高地線新島々ゆきが...」から「アルピコ交通上高地線新島々ゆきが...」と変更されているのを確認しました。

ところで、日本語の放送を担当されている方...なんというか、とてもアニメっぽいのですが...以前の方とは異なるようです...いったい誰なのでしょうか?

追記(3月24日)
みんな気になる新アナウンスの中の人の正体は...! 路娘MOTIONキャラクター新村さやか(CV:高瀬絵菜)さんでした!そうそう、早朝の臨時快速〔101列車)の運行が今シーズンもはじまります。こちらのアナウンスがどのようになったのかも気になりますね!

2018/01/10 19:50

上高地線で運行している3000形電車(全4編成)の車内に防犯カメラが設置されました。1両あたり三箇所のカメラに加え、車内には「防犯カメラ作動中 お客様に安心してご利用いただくため防犯カメラを設置しています。」とステッカーが貼られています。写真は運転室後ろの設置の様子。デジタルサイネージの上部にある黒い機械がカメラです。
車内への防犯カメラ設置は2010年にJR埼京線の一部車両ではじまりました。その後、2015年に発生した東海道新幹線火災事件(男が新幹線車内で焼身自殺を図ったもの)を機に広がりつつあります。牧歌的な風景の中を走る上高地線なだけにそうした事件とは無縁であって欲しいのですが、2020年の東京五輪を前に、駅や車内のセキュリティ強化が求められている時代の要請もあるのでしょう。

2017/07/22 21:44

6月より走り始めたモハ10形リバイバル塗装列車(3003-3004編成)にちょっとした変化がありました。変わったのは側面に取り付けられている車番プレートです。運行開始から暫くの間は他の編成と同様の書体が使われていましたがこれが今回丸ゴシックに変更されました。お手元に写真がある方は是非見比べてみてくださいね。
この日は雨の日曜日。松本駅に到着した列車からは山からの帰りと思われるお客様が降り立ちます。この日は特に中高年のお客様が目立ったのですが、中には10形電車が現役だった頃にも上高地線を利用されたお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

2017/07/13 23:05

今回は3000形車内にあるつり革の話題です。丸い吊り輪の上の広告スペースから「井上友の会」が姿を消していました。(井上は松本の地場百貨店です。)県外からお越しの方によく「井上友の会とは何ですか?」と質問を受けたりしたのも今は昔。百貨店全体の苦境が報じられる中で少し寂しい気がします。それはさておき、写真はとある編成で見かけたものです。ご当地の井上を差し置いて何故か遠くの「東急百貨店」の文字が入ったつり革が一つ。もうお分かりですね、5000形電車で使われていたものをこちらに持ってきたのです。地方鉄道はつり革一本買うのも大変なんですよ・・・

2017/06/04 22:07

アルピコ交通上高地線で、かつて同線で活躍した10形電車のカラーを再現した電車の運行が始まりました。今回、外装が変更されたのは3000形の3003−3004編成。7月からスタートする信州ディスティネーションキャンペーンに合わせた企画です。写真は6月4日に定番撮影地である奈良井川鉄橋(渚−信濃荒井)で撮影したもの。筆者の他にも複数名の方がカメラを向けていました。
オレンジとグレーの車体色が再現されたことはもとより、10形電車に掲出されていたサボ(当時は[松本−島々]でツーマン運行でした。)風の中々ニクい演出も。DC期間中はヘッドマークに隠れて見えませんが、正面の金太郎塗装もしっかり再現されています。
車内には10形電車をはじめとしたかつての上高地線(島々線)の写真が展示されていました。通称アルピコカラーからの大変身に、どちらかといえば普段から利用されている地域のお客様の驚きの方が大きいと思われるのですが、こうした歴史的背景も伝われば良いですね。
記念きっぷも販売されています。新島々・波田・新村の各駅窓口にてお求めください。松本から新村/新村から新島々の乗車券2枚と今回のリバイバルカラーをモチーフにした台紙がセットで800円です。この機会に是非お求めください。

2017/05/26 21:20

上高地線を走る3000形電車のうち1編成が、かつて同線で活躍した10形電車のカラーリングにラッピングされます。昭和30年代に登場し、5000形電車が登場する昭和61年までの約30年間走り続けたこの10形電車。先日の新村旧駅舎内の公開でも現役時の写真を展示しましたが『懐かしい』『島々線と言ったらこの色だよね』と言った声も聞かれました。(島々線が上高地線に改称された直後に10形電車は登場しました。)沿線の方の記憶に残るこの色が、今度の土曜日6月3日、上高地線に再び戻ってきます。(写真はやまびこ国体記念きっぷより)