第1009回:"コロナ禍"のもとで ⑶ | Home | 第1011回:"コロナ禍"のもとで ⑸
2020/05/21 13:12 | 印刷

5月15日、長野県を含む39都道府県で出されていた緊急事態宣言が解除されました。アルピコ交通では翌16日より新島々=上高地のバス運行を一日三往復の特別ダイヤで再開しています。写真は5月20日(水)の午後に新島々で撮影したもの。5月の連休明け〜梅雨の平日は元々お客様の数が少ないのですが、上高地ゆきバスに乗り込んだお客様はいませんでした。(途中のさわんど地区からの利用はあるようです。)
バス乗り場の案内板には、感染防止の為のお客様へのお願いが掲示されていました。マスクの着用、会話をしないこと、席の間隔を開けること。(これは増車などの対応が必要になるかも知れません。)無論、発熱や咳・咽頭痛などの症状がある場合の利用はご法度です。
駅窓口の営業を取り止めていた北新・松本大学前駅、森口駅については5月25日(月)からの営業再開が予定されています。なお北新・松本大学前駅については営業時間を短縮(7:20-13:10)下新駅は引き続き駅窓口の営業を休止します。また直営駅である新村駅についても6月1日より営業時間が7:20~15:05(従来は~15:50)となることが発表されました。
営業再開を前に、北新・松本大学前駅には飛沫感染防止のためのビニールカーテンが設置されていました。これは飛沫感染を防ぐためのもので、波田、新島々、そして電車の車内にも設置されています。バスと同様に、マスクの着用・会話をしない・距離を取る、の3点を利用者として実践してゆく必要があります。
一時期よりも感染拡大のペースが下がったとはいえ、発症した場合は対処療法しかないこと、感染拡大の第2波、第3波を懸念する声も聞かれる中にあっては、今後も暫くの間はコロナを意識した生活が続くことになりそうです。