2020/05/21 13:12

5月15日、長野県を含む39都道府県で出されていた緊急事態宣言が解除されました。アルピコ交通では翌16日より新島々=上高地のバス運行を一日三往復の特別ダイヤで再開しています。写真は5月20日(水)の午後に新島々で撮影したもの。5月の連休明け〜梅雨の平日は元々お客様の数が少ないのですが、上高地ゆきバスに乗り込んだお客様はいませんでした。(途中のさわんど地区からの利用はあるようです。)
バス乗り場の案内板には、感染防止の為のお客様へのお願いが掲示されていました。マスクの着用、会話をしないこと、席の間隔を開けること。(これは増車などの対応が必要になるかも知れません。)無論、発熱や咳・咽頭痛などの症状がある場合の利用はご法度です。
駅窓口の営業を取り止めていた北新・松本大学前駅、森口駅については5月25日(月)からの営業再開が予定されています。なお北新・松本大学前駅については営業時間を短縮(7:20-13:10)下新駅は引き続き駅窓口の営業を休止します。また直営駅である新村駅についても6月1日より営業時間が7:20~15:05(従来は~15:50)となることが発表されました。
営業再開を前に、北新・松本大学前駅には飛沫感染防止のためのビニールカーテンが設置されていました。これは飛沫感染を防ぐためのもので、波田、新島々、そして電車の車内にも設置されています。バスと同様に、マスクの着用・会話をしない・距離を取る、の3点を利用者として実践してゆく必要があります。
一時期よりも感染拡大のペースが下がったとはいえ、発症した場合は対処療法しかないこと、感染拡大の第2波、第3波を懸念する声も聞かれる中にあっては、今後も暫くの間はコロナを意識した生活が続くことになりそうです。

2020/05/12 20:20

上高地線を運行するアルピコ交通は、松本と首都圏・中京圏・京阪神を結ぶ高速バス、松本をはじめとする県内各市街地・近郊エリアを結ぶ路線バスを運行しています。このうち、高速バスについては緊急事態宣言を受け4月中旬より運休が続いています。また観光路線である新島々=上高地間のバスについても現在は全便が運休。5月16日(土)より1日3往復の特別ダイヤが発表されています。
こうした中で5月11日、松本市内と近郊を結ぶ路線バスの減便が発表されました。路線バスについては、鉄道と同様に緊急自体宣言下であっても運行継続が求められていました。これはアルピコ交通に限った話ではありませんが、地方都市の路線バスはそれ単体で収益を上げることが難しく、高速バスや貸切バスの運行で得た収益を補填することで運行を継続している側面もあります。その高速バス・貸切バスが運行できないことがいま、大きな痛手となっています。

上高地線についても、4月は定期収入(定期券等の販売額)が前年比の54.0%・定期外(普通乗車券等)の収入が前年比の20%と大幅に収入が落ち込んでいます。今回のコロナ禍の下では赤字となること(※1)はもとより、事業者としての運行継続も危ぶまれる状況です。


こうした路線バス・上高地線の状況について、松本市の臥雲義尚市長は5月11日の定例会見で触れ「生活の足である公共交通の維持のため、松本市として支援を行う」考えを示しました。支援の具体的な内容、額については今後、関係各所で話し合いが持たれる見込みです。臥雲氏は今年春の市長選でも路線バスの公設民営化を公約として掲げており、公共交通の維持に向けた公費投入について前向きな姿勢を示していました。今回のコロナ禍を受けた支援が、公設民営化の布石になるのか、今後注目してゆきたい点です。

公設民営化とは、公共交通の運行に必要な車両・施設等を自治体の保有とし、交通事業者の負担軽減と運行の維持継続を目指すものです。国内では富山市が先進事例として知られています。例えば、写真のセントラムは、富山市が平成21年に購入したもので、運行は富山地方鉄道が行っています。

※1 上高地線のここ10年の営業係数は90前後と黒字が続いていました。全国の8割の鉄軌道事業者が赤字(営業係数が100以上)となる中で健闘しているといえます。ただ、鉄道やバスのような公共性の高い事業の必要性を黒字/赤字で判断してきた従来の考え方についても、この機会に見直されるべきではないかと筆者は考えます。

2020/05/04 20:06

落ち着かないまま日々は過ぎ、早くも5月。いつもなら大型連休を迎え上高地線やその沿線は多くの人で賑わいますが、このコロナ禍の下ではどこもひっそりとしています。5月末まで予定されていた「あつめて!全国"鉄道むすめ"巡り」も4月24日を以て中止。なぎさTRAINは通常のヘッドマークを着けて運用に就いています。
委託駅である下新、北新・松本大学前、森口は5月6日までの予定で駅窓口の営業を休止しています。(北新・松本大学前、森口駅は5/25より営業再開)写真は北新・松本大学前駅のもの。営業を続ける直営駅(新村・波田・新島々)の各駅の案内と、松本駅の自動券売機でも定期券・回数券が買える旨の案内が掲示されていました。なお、松本市福祉100円パスについては、電車車内でも購入することができるようになりました。(販売は福祉パス所有者のみとなります。)
先の見えない中ではありますが、このようなウイルス対策も始まっています。電車車内への「次亜塩素酸水噴霧器」設置です。次亜塩素酸水は、一般的に塩酸もしくは塩化ナトリウム水溶液(食塩水)を電気分解したもので、別名「強酸性電解水」として医療機器などの消毒にも使われています。(6/2追記:NITE=製品評価技術基盤機構から、実験の結果、次亜塩素酸の噴霧による除菌には、はっきりした効果がみられず、また安全性を証明するデータが得られていないとの発表がありました。これを受けて、電車車内での噴霧も6/1より休止となりました。)
こちらがその噴霧器。1編成につき2台。いずれも運転室後ろに設置されています。製造した星光技研様のWEBサイトによると、同社は超微細ミストを空間噴霧させる薬液専用超音波噴霧器では国内トップシェアのメーカー。超微細霧が空間の隅々まで効率よく噴霧して、防菌・防臭・加湿効果を発揮するそうです。上高地線ではこれに加え、手すり・つり革の除菌を行っています。


こちらの動画では公共交通を利用する際のポイントがまとめられています。事業者としての対策に加え、利用者の側もこのウイルスの特性を知りそれを踏まえた行動を取ることが求められています。(動画の中の「リスク0はあり得ない」という意見には同感です。)出典:日本モビリティ・マネジメント会議

2020/05/02 10:28


上高地線電車の車内で使われる自動放送が新しいものになりました。放送の変更は2018年3月のダイヤ改正以来のことです。今回の変更では、上り(松本方面)が女声・下り(新島々方面)の放送が男声にそれぞれ変わっています。放送内容についても、駅構内での注意喚起や車内でのマナーを呼び掛ける内容が追加された他、細かい部分での言い回しが変わっています。

声の特徴から、下りのアナウンスは有田洋之さん、上りのアナウンスは三宅智恵子さんがそれぞれ担当されているようです。このうち、三宅智恵子さんは前回の変更以来2年振りの"再登板"となりました。なお、この映像にもある通り上高地線では既にサーキュレーターの使用が始まっています。"録り鉄"のための訪問は、この秋〜冬までしばらく待たねばならぬ様です。