第1001回:2020年・アルピコグループ100周年! | Home | 第1003回:さようならカエル君〜5000形電車の旅立ち⑵
2020/03/25 9:00 | 印刷

"カエル君"こと、松本電気鉄道5000形電車(元東京急行電鉄5000系)は、昭和61年(1986年)に導入され平成12年(2000年)まで上高地線で活躍した車両です。引退後はモハ5005-クハ5006号の1編成2両が新村車両所に留置されていました。第一線を退いた後も、東急時代のカラーの復刻(2011年)や各種イベントの開催などで注目を集める存在でしたが、ここ数年は車体の老朽化から、その処遇が検討されていました。
5000形電車そのものは、デビューした1950年代当時の新機軸がふんだんに盛り込まれており、電車の発達、日本の鉄道の歴史上でも重要な存在といえます。しかしながら、既に製造から半世紀が経過しており、雨漏りがすること、断熱材として使用されているアスベストの除去費用などが嵩むこと、留置場所の新村車両所のスペースに余裕がないこともあり、現状のままでの保存は難しいことが予想されました。
2019年には「解体か譲渡か」の新聞報道もあり、上高地線や5000形に少なからず関わりがある筆者個人も気にかかっていたのですが、同年、アルピコ交通から長野県外の法人への譲渡が決まりました。弊通信では、2020年3月23日(月)に実施された、新村車両所での搬出の様子を3回に分けてご紹介します。(掲載写真は許可を受けて撮影しました。)
鉄道車両の輸送は、既存の鉄道路線を利用するもの(いわゆる甲種輸送)・船舶による輸送・トレーラーなどによる陸送の3つに大別されます。上高地線の場合は、現在JR線と線路がつながっていないこともあり、今回はトレーラーによる陸送となりました。写真は、車体と台車を切り離し、クレーン2台で陸送用の台車に載せ替える様子を写したものです。なお昭和61年の東急電鉄からの譲渡の際は、甲種輸送であったため、陸送はカエル自身にとっても初の体験です。
車体の積み込みを終えたトレーラーが待機場所に移動します。大型クレーン車などの車両がひしめきあい、もちろん鉄道施設もある、決してスペースに余裕があるといえない中を、バックですんなりと抜けてゆきました。

電車が踏切を渡ります。

はじめての公道を数十メートル走り、新村駅南の待機場所に無事到着。この日は寒の戻りの肌寒い一日で、午前中は雲の多い天気でした。これがお昼過ぎになると雲が取れ、北アルプスの山々が姿を現しました。カエル君にとっても慣れ親しんだであろう、信州の山々とも今日限りでお別れです。