第992回:上高地線沿線さんぽ2019-2020冬⑵ | Home | 第994回:「上電×北鉄×アルピコ スタンプラリー」開催中
2020/01/29 21:55 | 印刷

渚駅から乗車した電車を3駅先の下新駅で降ります。ログハウス風の駅舎は1997年に建てられたもので、同駅周辺の沿線から見える北アルプスの山並みをイメージしたデザインなのだそう。現在は、平日の朝の時間帯のみ委託営業があります。トイレが改修されており洋式になっていました。
さて、実際の沿線から見える山並みです。北は信濃富士とも呼ばれる有明山、南は北アルプスの女王常念岳。間に蝶ヶ岳、燕岳などこの平人々にとっては馴染みの深い山々が並びます。モハ10型リバイバルカラー列車がやってきました。
同じ列車でもう1カット。西の方角をみると一面雪に覆われた乗鞍岳が顔を覗かせていました。最も標高が高い剣ヶ峰は海抜3097m.その麓の乗鞍高原には上高地線の終点新島々からバスが出ています。筆者は上高地線を"山ゆき電車"と呼んでいますが、乗鞍岳はその姿が車内からもよく見える点に於いて、大いにそのムードを盛り上げて呉れる存在といえます。
そうやって写真を撮っていると後方から何やらじっとこちらを見つめる視線を感じました。振り向いてみるとそこに居たのは一頭の白ヤギ。2020年代にあって、なおも牧歌的な雰囲気の漂う上高地線沿線です。