第990回:まもなく見納め?旧島々駅舎の存廃をめぐって | Home | 第992回:上高地線沿線さんぽ2019-2020冬⑵
2019/12/19 23:24 | 印刷

12月も下旬に差し掛かり、2019年も残すところあと僅か。この頃の上高地線は沿線や電車の車内から見える北アルプスの山々が冠雪し、本格的な冬の到来を感じさせる風景を各所でみることができます。この日は少し早起きして下新と大庭の間の沿線へ出掛けました。
こちらは渚と西松本の間にある田川鉄橋上流側からの風景。テーブル状の蝶ヶ岳からピラミッド形の常念岳、台形の有明山、特徴的な稜線を展開する北アルプスをバックに、ステンレスの車体が朝日にギラリと輝きます。
北アルプスの山としてやっぱり忘れてはならないのが乗鞍岳。北新・松本大学前と下新駅の間の沿線からはその白い姿をよく望むことができます。やってきたのはなぎさTRAIN。ヘッドマークはクリスマス仕様です。12月21日・22日にはクリスマスにちなんだイベントも予定されています。