第982回:この秋も、おいでなして上高地線! | Home | 第984回:上高地線わくわく一日フリー乗車券販売中
2019/10/25 21:43 | 印刷

現在の上高地線の主力「3000形電車」が運行開始20周年を迎えました。3000形電車はもと京王帝都電鉄井の頭線(当時)の3000系電車で、1999年から2000年にかけて4編成8両が当時の松本電気鉄道に譲渡されたものです。
運行開始日に当たる10月25日には、記念のポストカードの配布が行われました。また、これを記念した「3000形電車運行開始20周年記念乗車券」も10月12日より販売されています。200円区間の乗車券(硬券)10枚を特製台紙にセットしたもので、300セット限定です。
そんな3000形電車の車内の小変化をご紹介。お客様の乗降に使われる各扉に貼られるステッカーにも渕東なぎささんの姿が。上高地線を走る3000形電車は両開きのドアとなっており、写真の敬礼ポーズと、帽子に手の2種類が貼り付けられています。
運転室後ろのステッカーも変更されました。こちらは以前から渕東なぎささんをデザインに採り入れたものが貼り付けられていましたが、今回は今夏より使用が始まった新しい制服姿です。
なおご紹介したステッカーは全て上高地線オリジナルグッズとして販売中です。こちらも新島々駅・波田駅・新村駅(※営業時間7:20-15:50)で取り扱い中です。先にご紹介した「3000形電車運行開始20周年記念乗車券」と併せて、この機会に是非お求めください。