第979回:上高地線沿線さんぽ2019秋⑵ | Home | 第981回:令和最初の「鉄道の日」と台風19号
2019/09/30 18:17 | 印刷

秋の上高地線沿線さんぽ。続いて訪れたのは渕東駅周辺。ホームの向かいには小さなりんご畑があって電車と組み合わせて撮影することができます。この季節らしい雲ひとつないすっきりとした青空。(電車の後方に立っているのは野焼きの煙...ヒヤヒヤしました。)りんごが映えるようになるまでもう少し時間が掛かりそうです。
ワンカットでは満足せず、松本へ向かう電車を後追い撮影。青い空とはちょうど補色関係になるように地表は黄色い稲穂で覆い尽くされ、その上を数え切れないほどのトンボが飛び交っていました。
日を改めて今度は駅の南西側から金松寺山をバックに走る下り列車を撮影。電車のちょうど真上、山の中腹に見える赤い屋根の建物は、山名の由来となった金松寺のものです。
新島々から戻ってきた上り列車は波多神社へ向かう坂の途中から。水を湛えた用水路と、田んぼの隅に立ててあるイノシシ避けが時折カラカラと音を立てる外は、至って静かな渕東の秋です。(訪問日:2019年9月10日・9月14日)