第978回:上高地線沿線さんぽ2019秋(1) | Home | 第980回:上高地線沿線さんぽ2019秋⑶
2019/09/21 19:46 | 印刷

秋の上高地線沿線さんぽ。そばの次はやっぱり稲穂を!と足を運んだのは下新から大庭にかけての田園地帯。残念ながら北アルプスの山々は厚い雲に覆われてしまって、その姿をみることは叶いませんでした。頭を大きく垂れた稲穂を横目に松本ゆき電車が軽快に駆け抜けます。
↑↑は午前中に撮影したものですが、この地点(永田踏切附近)では午後の時間帯もこのような構図で下り列車を撮影することができます。見た目はいかにもな秋の風景ですが、この日の松本の最高気温は32℃。日陰のないこの場所でほんの十数分電車を待っていただけなのに、すっかり日焼けしてしまいました...。
歩いて大庭駅へ。同駅には松本市のパークアンドライド駐車場が併設されています。2018年の開設当初は認知度が低く、利用率の低さが指摘されていましたが現在は日に15台前後の利用があるそうです。ただ駐車区画は50台分ありますので、その半分の25台程度にまでは利用を伸ばす必要があるようにも思われます。
駅の待合室には10月1日の消費税率引き上げに伴う、運賃改定のお知らせが掲示されていました。気になったのは「4.一日フリー乗車券について」の項目です。これによると現在の上高地線電車一日フリー乗車券は9月30日を以って販売を終了。10月1日からは新たに「上高地線わくわく一日フリー乗車券」を販売するとのことです。詳しくは公式サイトをご覧ください。