第977回:上高地線沿線さんぽ2019夏(6) | Home | 第979回:上高地線沿線さんぽ2019秋⑵
2019/09/15 6:46 | 印刷

9月に入った上高地線沿線。日中は30℃を超える暑い日が続いていますが、秋を感じさせる風物に出会うことはできるのでしょうか。まずは新村から三溝にかけての沿線を歩きます。初夏には一面小麦畑だったここは、そばの白い花が咲くようになりました。
この新村から三溝にかけての上高地線は、東から西へ線路がゆるいS字を描きながら走っています。撮影の際は時間帯や場所を変えて様々な構図を楽しむことも可能です。作例は朝8時台の上り列車を写したもの。そばに対して、稲は既に刈り取りされた箇所が散見されます。
筆者のおすすめは午後、特に正午から14時にかけての時間です。この時間帯は下りが順光となります。やってきたのは松本山雅のヘッドマークをつけた3001-3002編成でした。(歩いた日:2019年9月14日)