第970回:消える「東京都区内ゆき」硬券 | Home | 第972回:上高地線沿線さんぽ2019初夏⑵
2019/06/07 11:27 | 印刷

この日は上高地線の終点新島々から少し足を伸ばして、竜島地区を訪ねました。発電所前でバスを降り、梓川の右岸を歩いてゆきます。木々の木立の向こうに見えてきたのは東京発電の竜島第二発電所。もとは京浜電力竜島発電所として大正12年に運転を開始したもので、現在も最主に首都圏向けの電力を供給しています。
竜島第二発電所から5分ほど歩いたところに日帰りの入浴施設「竜島温泉せせらぎの湯」があります。竜島温泉は1997年に湧出したもので、旧波田町時代の2000年に施設がオープン、合併後は松本市が運営しています。泉質はアルカリ性単純温泉。湯温は40℃ほどと低めで、長湯をするのに良いでしょう。

施設内には食堂もあり、地元波田産の食材を使ったメニューが提供されています。竜島温泉せせらぎの湯の入館料は大人510円・開館時間は10:00-22:00、定休日は月曜日です。

入浴・食事の後施設の裏側へ出てみました。梓川の対岸は旧安曇村島々地区。近代以前は、上河内(上高地)で木を伐る杣たちの拠点となったほか、野麦街道の宿駅として栄え、近代以後は背後の島々〜徳本峠を経て上高地に入る登山者を迎えてきました。
再びバスに乗って新島々まで戻ってきました。駅前には復元された旧島々駅舎があります。上高地線の前身筑摩鉄道島々線は竜島までの建設が計画されていました。技術上の問題から延伸は叶いませんでしたが、仮に竜島地区まで達していた場合、この駅舎も島々谷を背に建てられていたかもしれません。