2019/05/05 21:48

新村から下り列車に乗って新島々へ。駅前の駐車場には2019年のバス上高地線の運行開始を前に新鋭がずらり。筆者が到着した際は、明日から山に入るらしいスタッフさん達が研修を受けていました。
駅から歩いて10分ほど。田んぼの中にある三ツ石を見に行きました。その名の通り地中から三つの巨石が露出するこの場所。そばに建てられた案内板によると、岩をよくよく観察すると深海に棲む微生物の化石など、太古の昔この辺りが海だった頃の名残が見られるようです。
線路ぎわに出て下り列車を狙います。この場所は17時近くなると車体全体に光が回るようになります。架線柱もかからず、上高地線内では貴重なポイントと言えますが手前の国道158号線を走るクルマの処理が課題です。
新島々駅へと戻ります。この日最後の水殿行き、乗鞍・白骨温泉行きのバスがそれぞれお客さんを待っていました。今は静かなこの駅も明日からは再び賑やかになることでしょう。(歩いた日:2019年4月16日)