2019/02/28 21:13




今年もやってきました「上高地線ふるさと鉄道まつり」の季節です。日時は3月24日(日)午前10時から午後3時。会場はアルピコ交通上高地線新村駅と新村車両所です。いつものお願いとなりますが、会場には駐車場がありません。最寄駅より上高地線の電車・最寄駅までクルマがないと…という方は、大庭駅(入庫後24時間まで200円)などのパークアンドライド駐車場をご利用ください。(画像は過去の様子)
今年はいち早く、2月の中旬よりポスターの掲示がはじまりました。
お馴染みの電車・電気機関車の展示やミニSL・鉄道模型はもちろん、軌陸車体験・パトカーの展示など乗り物も充実しています。なお、WEBサイトにも記載がありますが、5000形電車については老朽化のため車内に立ち入ることはできません。ご了承ください。(画像は大庭駅にて撮影)
前回は参加できなかった筆者ですが、今年は現地に参ります。今回は、しましま本店として古本の販売と上高地線関連の資料の展示を予定しています。古本は鉄道関係の絵本、児童書、小説、紀行文、ノンフィクション、新書など、沢山用意しました。出店場所は新村駅待合室の予定です。電車待ちの間など、是非覗いてみてくださいね!

2019/02/24 20:38

上高地線の駅や車内では、沿線の紹介や電車の時刻表、乗り方、歴史などをまとめたパンフレットが配布されています。2017年頃にはじめて登場したこちらは、最初日本語版・英語版が用意されていました。その後は大きな変化はなかったのですが、今年に入って中国語(簡体字)と韓国語(ハングル)による表記のものが配られていることに気づきました。
実際に上高地線を利用される外国からのお客様を見ていると、確かに中国語圏・韓国語圏の方が目立ちます。長野県の調査(PDF)によると、平成29年度に日本アルプスエリア(松本・北アルプス)に宿泊した外国人観光客数は37万人余り。その内の9万人強が台湾から、そこに香港、中国のお客様が続く形となっています。上高地線では、既に車内放送や駅の自動券売機、案内サインで多言語化が進められていますが、利用実態を鑑みるにこの傾向は益々強まりそうです。

2019/02/12 14:59

この日は冠雪した東山と電車を撮ろうと夕方の奈良井川鉄橋へ。現地に到着後しばらくして王ヶ頭に雲がかかり、まぁ仕方ないかと待っていると、列車がやってくる直前に太陽がし雲に隠れてしまいました。冬のこの時間帯(17時ころ)の撮影は難しいですね。
この1月〜3月は、上高地線の老朽化した施設の更新工事が集中して行われています。この日も奈良井川鉄橋の西側(新島々寄り)には足場が組まれていました。古くなった枕木を交換するそうです。実際の工事は電車の運行が終了した深夜から翌朝にかけて行われます。
信濃荒井駅で電車を待ちます。先ほどの雲は更に厚さを増し、濃い青色に。その切れ目から漏れ出る残照とのコントラストは冬ならではの風景です。

2019/02/06 15:12

暖冬といわれる今年の冬ですが、上高地線沿線もまとまった雪が降る日は余りなく、辺り一面真っ白の雪原を走る電車...を撮るのが難しい状況です。さて今回は新村-三溝。雪はうっすら。背後の山にかかる雲の中はきっと雪なのですが。
同じく新村-三溝。このポイントからは鹿島槍ヶ岳をはじめとする北アルプス北部の山々を望むことができます。△△の時にあった雪はこの時すっかりなくなってしまっていました。まるで春のようです。

さて、ここでイベントのおしらせです。上高地線を舞台に、本を通じた交流の場づくりを展開しているプロジェクト「しましま本店」がこの春再びやって来ます。今回は「走る電車が本屋さんに!?」変身します。詳しくはしましま本店公式サイトをご覧ください。