第952回:上高地線沿線さんぽ2018-2019冬⑵ | Home | 第954回:「上電×北鉄×アルピコ スタンプラリー」今年も開催中
2019/01/16 22:01 | 印刷

今回は渕東駅付近で撮影した上高地線の風景を幾つかご紹介します。まずは午後3時ころの線路端の様子から。この時間になると車両全体に太陽が当たるようになります。電車の後方、遥か向こうの東山には、今月に入って漸く頂上付近に雪が積もるようになりました。
電車をメインに撮るのも良いのですが、渕東付近の醍醐味はやはり里山の風景を取り入れた引きの画です。この日は前日に平野部でも積雪があり、上高地線の車窓にもうっすらと雪の残る田んぼや畑が見られました。電車の背後、家々の向こうに見えるのは金松寺山。いままでは「里山」と一括りにしてきましたが、こうして名前を知ると、その由来や地域との関わりについて俄然興味が湧いてきます。
もう一つ、渕東付近で撮りたいのは、終点新島々に向けての風景。平野部が終わり迎え、山が一気に谷となって迫ってくる風景です。電車の正面に見えるのは大明神山。この山の向こう側には、かつての上高地へのメインルートである島々谷が控えています。