2019/01/16 22:01

今回は渕東駅付近で撮影した上高地線の風景を幾つかご紹介します。まずは午後3時ころの線路端の様子から。この時間になると車両全体に太陽が当たるようになります。電車の後方、遥か向こうの東山には、今月に入って漸く頂上付近に雪が積もるようになりました。
電車をメインに撮るのも良いのですが、渕東付近の醍醐味はやはり里山の風景を取り入れた引きの画です。この日は前日に平野部でも積雪があり、上高地線の車窓にもうっすらと雪の残る田んぼや畑が見られました。電車の背後、家々の向こうに見えるのは金松寺山。いままでは「里山」と一括りにしてきましたが、こうして名前を知ると、その由来や地域との関わりについて俄然興味が湧いてきます。
もう一つ、渕東付近で撮りたいのは、終点新島々に向けての風景。平野部が終わり迎え、山が一気に谷となって迫ってくる風景です。電車の正面に見えるのは大明神山。この山の向こう側には、かつての上高地へのメインルートである島々谷が控えています。

2019/01/14 19:45

この日は夕暮れ時の沿線へ。冬至を過ぎたとはいえ、午後5時前にはこの薄暗さ。下新駅の西側にあるアウトカーブで下り電車を捉えました。明かりの漏れる車内には、家路を急ぐお客様の姿が多くみられます。背後には美ヶ原。
数分待って今度は松本ゆき電車を。こちらの車内は、ひとつ手前の北新・松本大学前で乗り込んだであろう学生さんで混雑していました。この日の松本平はすっきりとしない天気で、北アルプスも雲のなか。一方、この辺りを走る電車の南側の車窓遥か彼方には、南アルプスの山影をみることができました。
日没後は、沿線の波田支所で実施されているライトアップHATAを見にゆきました。旧波田町役場の庁舎とその前の広場が電飾で彩られています。写真の「I❤️HATA」に近寄ってみると、なんとペットボトルでできていました。この独特の手作り感、上高地線沿線のひとつの特徴かもしれません。

2019/01/11 23:51

2019年・平成31年最初の弊通信です。今年も細く長く上高地線の話題をお送りして参ります。さて新年最初の話題はやはり「謹賀新年」ヘッドマークのこと。今年は1月1日〜1月6日の間掲出されました。このヘッドマークは毎年新しい絵柄のものが登場することで注目を集めていますが、今年は特にカメラを向ける方が多かったようです。画像は新島々駅にて1月6日に撮影したものです。

今年は新たに2種類の絵柄がお披露目されました。いずれも2019年・平成31年の文字が入っており、今年の正月〜松の内までの限定でした。今年5月には新天皇の即位、新しい元号が発表されるとあって、平成31年と表記したヘッドマークにより注目が集まったのではないでしょうか。


この「謹賀新年」ヘッドマークにはもちろん、上高地線イメージキャラクターの渕東なぎささんが起用されています。地元での認知度も上がり、熱心なファンもついてきた渕東なぎささん。
それが証拠に、彼女の登場するヘッドマークが出る度、そのミニチュアが発売されています。今回ももちろん登場。しかしながら、ヘッドマーク自体への注目が集まったためか、忽ちにして在庫僅少。1月6日に波田駅を訪れた際は同駅分が品切れとなっていました。