2018/12/01 7:00

この日は雲ひとつないすっきりした天気。こんな時、筆者は迷わず下新駅周辺へと足を運びます。まずは駅の南西、徒歩7分ほどのところにある大カーブの内側から。北アルプスの山々をバックに走る上高地線電車を真横から捉えました。
松本から折り返してきた電車を今度は駅の東側すぐのところから。青空とのコントラストも美しいモハ10形リバイバルカラー列車にも、J1昇格を決めた松本山雅FCの祝賀ヘッドマークが取り付けられていました。こちらは12月中旬まで。
下新付近からは乗鞍岳もよく見えます。長期予報では暖冬傾向といわれる今年の冬。冒頭でご紹介した北アルプス南部の冠雪の遅れにそれを実感させられるのですが、こちらは流石3000m級の山々(主峰の剣が峰は3026m)既に真っ白です。