第938回:秋の上高地へ!⑶ | Home | 第940回:秋の上高地へ!⑷
2018/11/03 8:31 | 印刷

この日は下島から守口駅へ向けての沿線を歩きました。波田地区の中でも特に宅地化の著しいこの沿線ですが、新しい住宅の並ぶ沿道に柿の木が一本。柿の実と同じ橙色をした電車がやってきました。
すぐ近くにはりんご畑もあります。今後、電車の向こうにある工場(旧宮地鉄工場)の跡地に新しい松本市立病院が整備される計画です。そこから更に宅地化が進みこのような風景も見られなくなってしまうのでしょうか。
森口駅へ。ここには木製架線柱が残っていますが、それもいよいよコンクリート柱に替わろうとしています。大きな変化はなくともじわりじわりと変化してゆく上高地線の沿線風景です。