第936回:秋の上高地へ!⑵ | Home | 第938回:秋の上高地へ!⑶
2018/10/26 20:34 | 印刷

10月ももうすぐ終わり。この日は秋の色が濃くなる上高地線沿線を訪ねました。まずは定番中の定番、渚と信濃荒井の間にある奈良井川鉄橋から。午前中のこの時間(10時頃)は上り方面の電車を順光で撮影することができます。やってきたのはモハ10型リバイバルカラー列車。この日は今年の鉄道の日記念ヘッドマークを掲出していました。
奈良井川のほとりから歩いて渚駅へと戻ります。駅のすぐ後ろには戸隠神社の小さな分社があり、毎年そこに植えられた木々が綺麗に色づきます。ホーム上の渕東なぎささんの駅名板と合わせて一枚。
線路の南側にはまだ若いケヤキの木が数本。さきほどのモハ10型リバイバルカラー列車が折り返し新島々ゆきとしてやってきました。乗り込むと車内は学生に地元の方と山へ向かうお客様が半々で座席が概ね埋まるほどの混み具合でした。