第910回:登る、描く、眺める、上高地線沿線の山々 | Home | 第912回:上高地線沿線さんぽ2018夏⑽
2018/07/24 23:26 | 印刷

この日は夕方出かける前に西松本駅周辺から松本駅西口にかけてを短い時間歩きました。まずは田川にかかる鉄橋を渡る新島々ゆきを。電車の屋根の向こうには北の山々の稜線が浮かびます。川幅よりもずっと広い河原は背の高い草で覆われています。
上高地線沿線にあって、この西松本駅周辺は変化の多い地域です。例えば駅の西側にあった中条保育園は施設の老朽化のため今年の春に移転。同園はJR東日本松本車両センターと上高地線が隣接。まだ園が現役だった頃「電車の好きな子は飽きないだろうなー」となどと思いながら前を通り過ぎたものです。
上高地線の北側では道路の東側にあった古い家屋が次々と取り壊されご覧のような広い空間が出来上がっています。近くに松本共立病院もある関係で道幅を大きく広げるのでしょう。先ほど紹介した旧中条保育園の敷地も道路になるのでしょうか。その際気になるのは間にある上高地線の踏切のことですが、さてどうなりますことやら。
松本駅西口ー中条地区のもう一つの大きな変化といえば中心市街地に至る新しい陸橋の整備。従来2車線だったものを4車線化するため、橋を2本造るようです。折角2本も架けるのなら、片方に線路を敷いて中心市街地に直通させる...なんて妄想したくもなりますが、残念ながら鉄道車両が通行できるような設計にはなっていないようです。