第896回:大庭駅小変化 | Home | 第898回:新緑の上高地へ(3)
2018/05/28 13:06 | 印刷

この日は山と電車を色々とみて歩きました。まずは定番中の定番奈良井川の土手へ(渚-信濃荒井)ここからは鍋冠山、常念岳、横通岳など多くの山々がみることができます。まだ朝早い時間帯で側面に日が回らないことが予想されたので、あえて上流側に立ってみました。
こちらも定番中の定番である大庭と下新の間の田園地帯。電車のバックに控える山々は先ほど奈良井川土手でみたものとほぼ同じですが、印象が少し違いませんか? みる場所によって印象が大きく変わるのは山と電車を撮る上でのひとつの楽しみです。
続いて乗鞍岳。上高地線の電車や松本駅からはよく見える乗鞍岳ですが電車と一緒に捉えるとなると場所が限られて参ります。筆者のお気に入りは下新駅より少し西側にいったここ。ここから北新・松本大学前までの間は色々な山と電車の取り合わせが楽しめます。

ここで寄り道。下新駅から徒歩3分のところにあるレストラン上高地で昼食です。名前の通り上高地へ向かう国道158号線沿いにあります。上高地線沿線はコンビニやカフェなどは複数ありますが、定食の食べられるお店は余り数がなく貴重な存在です。写真はスタミナ定食。味、量、価格、スピードともに満足。詳しくは伺わなかったのですが、お店の方のキャリアの長さを感じました。