第873回:「第11回上高地線ふるさと鉄道まつり」終了 | Home | 第875回:新島々駅のトイレが新しくなりました
2018/03/25 21:04 | 印刷

上高地線に通い始めて10年目の春もいつもの調子で沿線をほっつき歩きます。この日は定番中の定番、渚と信濃荒井の間にある奈良井川鉄橋に足を運びました。モハ10形リバイバルカラーの登場後、何度も訪れているここ。リバイバルカラー列車は光線次第で随分と色の印象が変わるのですが、この西陽を受けた車体の色が、最も筆者のイメージに近いものでした。ここまで半年。冬場は少なかった水量が戻ってきたことに春の到来を感じます。
ちょっと急ぎ足で一駅先の大庭駅へ向かいました。ここには昨年の12月に松本市が整備したパークアンドライド駐車場があります。体の不自由な方のためのスペースを含め50台が用意されたここですが、開設当初は1日の利用者がたった5台という報道もありました。それが今日見たらどうでしょう、ざっと見20台が注車をしています。繰り返しにはなりますが、松本駅まではここから7分片道170円。駐車料金は1日何分停めても200円です。是非ご利用ください。(下の「地図をみる」から場所が確認できます。)

新村にも立ち寄りました。旧駅舎跡地から車両所内をウオッチング。業務用の倉庫の周りに足場が組まれ、塗装作業の真っ最中でした。その横にいるのは弊通信では久々の登場となるアオガエルこと5000形電車。グリーン一色になった当初に比べると、訪れる人も少なくなり、また塗料の関係もあるのでしょうかここ一年で急に白っぽくなってきてしまいました...。

次の「しましま本店」の開催についてもお問い合わせをいただきますし、機会と「やってもいいよ!」という人が集まれば、今一度綺麗にしたいのですが...これは無理な相談でしょうか...。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。