第862回:ちょっと変わった新島々駅周辺 | Home | 第864回:冬の上高地線沿線さんぽ⑻
2018/02/27 11:17 | 印刷

この日は上高地線の北新・松本大学前から新村に向けて歩きました。松本大学横でやってきた上り電車を撮影。電車の足元をみると白っぽいバラストが目につきます。レール交換が行われたようです。
近寄ってみてみましょう。交換されたレールの側面には「50N LD JFE 2017.9」の刻印がありました。製造は国内最大手のJFEスチール。50Nとは旧国鉄が設計した50kgNレールを意味しています。上高地線ではこれまで37kgレールが使われていましたが、近年このように50kgレールに交換される箇所も出てきました。なお車輪の通過する部分以外は錆びておりますが、これは鉄の粒子を安定させるため敢えてこうしているのだと以前職員の方に伺いました。
踏切の更新も進んでいます。写真の新村駅松本寄踏切のほか、三の川踏切、川久保踏切などの新村駅周辺の踏切も新しくなっています。トリコした時などに押す非常停止ボタンも付いています。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。