第858回:冬の上高地線沿線さんぽ⑹ | Home | 第860回:冬の上高地線沿線さんぽ⑺
2018/02/16 21:40 | 印刷

アルピコ交通が所有する松本バスターミナルビルが、2月15日「アルピコプラザ」としてオープンしました。アリオ閉店後も営業を継続していた7階店舗、昨年12月に先行してオープンしたファッションセンターしまむらとその系列店に加え、グループ会社のデリシアなどが今回新たに入居しています。
こちらは松本駅側から見た様子です。注目したのは壁面に掲げられたバスのアイコンとBus Terminalのサイン。電車から降りてきたお客様に向けての案内・誘導をする上で効果を発揮するのではないでしょうか。

なお、駐車場は付属の立体駐車場・周辺の提携駐車場も含め、税込み1,000円以上の買い物で2時間無料と案内されています。買い物の有無に関わらず5時間無料(土休日は3時間)のイオンモールと比べると割高な印象を受けますが、やはりここはアルピコ交通の電車・バスでの来店を狙ったものでしょう。『中心市街地へのお買い物は電車・バスで』ここ30年の地方都市を取り巻く地域構造の変化から半ば忘れられていたスタイルがは、息を吹き返すことができるでしょうか。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。