○おしらせ○「秋の収穫祭!長のり巻き電車」が運行されます。 | Home | 第826回:信州ディスティネーションキャンペーン閉幕
2017/09/29 19:48 | 印刷

9月21日、長野県下最大の商業施設イオンモール松本がオープンしました。このイオンモールの進出については、既存の商業への影響よりもむしろ施設周辺の道路の渋滞悪化が懸念されることから市民の関心事となっています。

写真は開業後最初の日曜日の松本城お城口。イオンモールのスタッフさんが出張してタウンスニーカーの時刻表を配布していました。タウンスニーカーでは小型のバス(日野ポンチョ)が運用されていますが、イオンモールを通過する東コースでは中型車が運用されていることも特徴的です。松本市としては次世代交通政策の一環として公共交通の利活用を推進している面もあり、今回のイオンモール開業を好機と捉えて利用者の定着に努めるねらいがあるものと思われます。
イオンモールが来て商店街がシャッター街になってしまった…各地方都市で聞かれる嘆きですが、イオンモールの進出と既存商業への影響が現時点で一番目に見える形で現れているのは、このアルピコ交通の松本バスターミナルビルでしょう。9月10日にテナントとして入居していたアリオが撤退。現在は7階のレストラン街のみが営業を行っています。アルピコプラザ(仮称)として再オープンとの話も聞きますがさてさて…(筆者個人はこういう風になったら良いなと思ったり)
上高地線の車内にはこんな吊り広告も。なお筆者の確認した限りですが、オープンに前後してのイオンモールの広告掲出はありませんでした。(JRの車内では掲出あり)先述のタウンスニーカーは松本市の実質運行とはいえ利用者を増やしており、どちらかといえばプラスの効果を得ていると思われます。一方、バスターミナルビルの運営会社としては今後も競合相手であり続ける、そんなジレンマを感じました。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。