第810回:モハ10形リバイバル塗装列車登場 | Home | 第812回:ライバル出現(?)
2017/06/11 21:41 | 印刷

モハ10形カラーの電車(3003−3004編成)が走り始めて早一週間。この日は沿線の各所で同編成を撮影して廻ることに。まずは北新・松本大学前−下新にて。北新・松本大学前駅の南東歩いて3分ほどの場所から北アルプスを仰ぐ形で上り電車を捉えます。
こちらは渕東−波田にて。上高地線では数少ない俯瞰ポイントです。普段のダイナミックストライプも勿論良いのですが、やはりこの山と田園に囲まれた、30年前と大きく変わることのない風景にはオレンジとグレーのツートンカラーがより似合うのではないでしょうか。リバイバルカラーはとかく車両にばかり目が行きがちになりますが、こうした沿線風景の中に置いた時に価値を持つような気がいたします。
…とはいえ、やっぱり車両主体で撮りたくもなるのがこの趣味の世界の人間です。順光になる時間まで待って、下新−北新・松本大学前の大カーブで下り電車を捉えました。下新駅からは歩いて7分ほどです。
以前ならば『同じ色の電車ばかりでつまらなーい』と言われた上高地線ですが、なぎさTRAINを加えてこれで3種類。運用情報はバスウォッチャーにて公開しておりますのでお確かめの上この機会に是非お出かけください。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。