2017/06/27 21:05

松本駅7番線上高地線ホームにあるあんどん式の番線表示が変更されていました。今回の変更では青地にプラットフォームである[7]の数字と日本語・英語・韓国語・中国語による「上高地線」とシンプルなものに改められています。
以前はここに新村・波田方面とあったのですが、地域の外から訪れるお客様(特に海外からのお客様)にとっては、これが上高地線であるかどうが重要であること、また使い慣れた地域のお客様にとっては周知の事実…であるとの判断から今回表示から外されたのかも知れません。

2017/06/19 21:22

新村駅でこのようなお知らせが配られていました。『新村さやか&初海あおい 声優オ―ディション 開催』とあります。主催は路娘MOTIONプロジェクト http://locomotion.link/ 上高地線には既にアルピコ交通オリジナルのキャラクタ―渕東なぎささんが居り、地域の皆様に広く知られていますす。二匹目のドショウか…なんて声も聞こえて来そうですが、3000形電車をモチ―フにしたキャラクタ―デザインから察するに、渕東さんよりはタ―ゲットを絞った形でのプロモ―ションに活躍するのではないでしょうか。

2017/06/11 21:41

モハ10形カラーの電車(3003−3004編成)が走り始めて早一週間。この日は沿線の各所で同編成を撮影して廻ることに。まずは北新・松本大学前−下新にて。北新・松本大学前駅の南東歩いて3分ほどの場所から北アルプスを仰ぐ形で上り電車を捉えます。
こちらは渕東−波田にて。上高地線では数少ない俯瞰ポイントです。普段のダイナミックストライプも勿論良いのですが、やはりこの山と田園に囲まれた、30年前と大きく変わることのない風景にはオレンジとグレーのツートンカラーがより似合うのではないでしょうか。リバイバルカラーはとかく車両にばかり目が行きがちになりますが、こうした沿線風景の中に置いた時に価値を持つような気がいたします。
…とはいえ、やっぱり車両主体で撮りたくもなるのがこの趣味の世界の人間です。順光になる時間まで待って、下新−北新・松本大学前の大カーブで下り電車を捉えました。下新駅からは歩いて7分ほどです。
以前ならば『同じ色の電車ばかりでつまらなーい』と言われた上高地線ですが、なぎさTRAINを加えてこれで3種類。運用情報はバスウォッチャーにて公開しておりますのでお確かめの上この機会に是非お出かけください。

2017/06/04 22:07

アルピコ交通上高地線で、かつて同線で活躍した10形電車のカラーを再現した電車の運行が始まりました。今回、外装が変更されたのは3000形の3003−3004編成。7月からスタートする信州ディスティネーションキャンペーンに合わせた企画です。写真は6月4日に定番撮影地である奈良井川鉄橋(渚−信濃荒井)で撮影したもの。筆者の他にも複数名の方がカメラを向けていました。
オレンジとグレーの車体色が再現されたことはもとより、10形電車に掲出されていたサボ(当時は[松本−島々]でツーマン運行でした。)風の中々ニクい演出も。DC期間中はヘッドマークに隠れて見えませんが、正面の金太郎塗装もしっかり再現されています。
車内には10形電車をはじめとしたかつての上高地線(島々線)の写真が展示されていました。通称アルピコカラーからの大変身に、どちらかといえば普段から利用されている地域のお客様の驚きの方が大きいと思われるのですが、こうした歴史的背景も伝われば良いですね。
記念きっぷも販売されています。新島々・波田・新村の各駅窓口にてお求めください。松本から新村/新村から新島々の乗車券2枚と今回のリバイバルカラーをモチーフにした台紙がセットで800円です。この機会に是非お求めください。