第798回:第10回上高地線ふるさと鉄道まつり無事終了 | Home | 第800回:先人の思いを乗せて、これからも。
2017/03/25 17:44 | 印刷

こちらの記事で紹介した信濃荒井駅の構内踏切・通路は工事が終了し新設されたスロープも含めての使用が始まっています。今回新島々方に延長されたスロープは以前のものに比べて傾斜が緩やかになり、手押し車やベビーカーでの利用が幾分か楽になりそうです。(電車に乗り込む際に段差や隙間はあるのですが…)
警報機・LED化された表示器。電車接近時の表示は「電車が来ます」でした。
新島々方の重軌条化された本線の様子も併せてお伝えします。線路の交換(37kg→50kg)に加え道床も厚くなりました。レールの側面には『50N JFE 2016.6』の刻印も。線路の更新工事は中々意識されることはありませんが、実際に意識して乗ってみるとなるほど乗り心地が違いました。線路の遥か彼方には北アルプスの山並み。霞んでみえるその姿に春の訪れを感じます。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。