第788回:春近づく上高地線沿線 | Home | 第790回:ギャラリートレインの話題
2017/02/20 20:49 | 印刷

上高地線の信濃荒井駅では現在、駅構内の踏切の工事が行われています。写真は先々週の様子を駅西側から写したものです。警報機・列車接近表示器が新しいものに交換され、現在の通路の1mほど新島々寄りに新しい構内踏切の通路と思しきコンクリートが打たれていました。尚、過去に構内踏切の更新工事が行われた波田・森口の両駅では遮断機が新設されましたが今回はない模様です。
踏切の話題が出たのでもう一点。上高地線では54箇所ある踏切の内、現在も4箇所が第4種踏切(警報機・遮断機共に設置されていないタイプ)ですがこの冬のうちに写真のような表示板が設置されました。表示があるとはいえ、電車の接近を知らせる装置がないことに変わりはありません。引き続き、横断の際は十分ご注意ください。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。