そういうこと・・・。
取られてたまるか! | Home | 続けること
2006/07/01 15:36 | 印刷

とある大学のキャンパス内にある怪しい雰囲気のする地下・・・。
そこに存在しているのが「ブリティッシュ・ビート・クラブ」。

正式名称は「ブリティッシュ・ビート研究会」。
私が学生時代に在籍していたサークルである。

とにかくバラエティに富んだキャラクターが存在していた。
そして、おそろしく音楽好きな人々が集う場所だった。

私の音楽に対する知識や、プレイヤーとしての能力(それほど、高い能力があるわけではないが・・・。)のほとんどは、あそこで育まれたと言っても過言ではない。

もちろん、音楽のジャンルに関してはブリティッシュビートが中心なのだが、各自がそこから派生して様々なジャンルへと飛んでいく。ブルース、ファンク、パンク、ジャズ、カントリー、レゲエ、スカ、ハードロック、etc・・・。

だから、何か知りたいことや、聴きたいものがあれば、誰かが持っていた。(レンタル屋さんが必要ないぐらい。というか、何でもあるレンタル屋さんが運営できるぐらい)

そして、何かにつけ酒を飲む。しかも部室で。「今日はジョンレノンの命日」「今日はジミヘンの命日」など。
部室は音楽機材がたくさんあり、スタヂオとしての機能を備えていた。(火災保険等の保険をかけるという念の入れよう。しかも、OBやOGも出資してくれていた)
部室で酒を飲む時は、必ずセッションになった。凄いのは、どんな曲でも、必ず演奏が成り立ったことである。もちろん、自分たちの好きな曲を演奏するのだから、当たり前と言えば当たり前なのだが。「よ~し、次はあの曲だ!」と誰かが言えば、「じゃあ、俺ギターやる。」「俺歌う!」など。

そこで出会った人々は様々な世界へと飛び立って行った。
プロのミュージシャン、福祉関係の仕事をしてる人、大学の講師、雑誌の編集長、小説家、音楽関係の仕事をする人、税理士、もちろん普通のサラリーマン(ただ、サラリーマンになった人達も、「俺は絶対社長になる」などと言ってる人が多い)、主婦(笑えるのは、胎教にパンク聴かせたりしてること)、実家の家業を継いだ人、家具職人・・・。

そして、彼らの近況を耳にする度に思う。
「俺も負けられねぇ!」



 本日の70's



    DONNA SUMMER / GREATEST HITS

     「the70's」に収録されているのは、”Hot Stuff”。
     ディスコ・クイーンと呼ばれた頃、79年の作品。
     ダンス・クラシックスとして有名な曲です。




    KC & The Sunshine Band / BEST

    「the70's」に収録されているのは、”That's The Way”。
     こちらも、ディスコ・ソングの定番で75年の作品。
     マイアミ・ソウルの看板的存在。
     彼らのことを知らなくても、この曲はどこかで耳にしてる
     人達も多いのでは。
     「That's The Way(アハ!アハ!)I like It(アハ!アハ!)」
     














”That's The Way”懐かしいです。
よくディスコに行ってましたから♪┌(・。・)┘♪
70'sはいい曲ありましたよね。
コメントありがとうございます。
おおぉ~!もしかして、coca様はディスコクイーンでいらっしゃいますか?
私は学生時代、日本が大バブル期の頃、ジュリアナへ行って、ショックを受けました。ついていけませんでした・・・。


コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

内容と関係ない記事で失礼致します。この度【資格トラックバックセンター】を開設いたしました。各ブログの情報を集めることによって少しでもお役に立てればと思っています。貴ブログからもトラックバックしていただきアクセスアップにご利用いただければ幸いです。

このエントリーのトラックバックURLを表示

Copyright © happa - Powered by マツアズ [ログイン]