2006/01/19 12:56

紅葉で有名な松川渓谷沿いにある温泉です。
ここの温泉はその名の通り五色に変化するとのこと。
その日の気候の変化によって白、緑、黒などに色が変わるというので
いったいどんなお湯なのかとおそるおそる行ってみました。

私が行った日は、内湯は一番見てみたかった「黒」でした。
もちろん墨汁を入れたように真っ黒なお湯というわけではなく、
湯の中に浮いている、湯の花の色が黒っぽいので、全体的に見ると
黒い湯というかグレーっぽい感じになるんです。
露天は何色だったかなぁ・・・?
すべてのお風呂が同じ色というわけではなかったと思いますが・・・。

内湯はそんなに大きくはない正方形の木のお風呂で、
すでに3人の方が入浴中だったので、そーっと入ると
なんだかみんな顔が近くて、こたつを囲んでいるかのような距離感でした。
ちょっと照れくさくて世間話をせずにはいられないようなそんな楽しいお風呂です。

露天風呂は混浴2つ、女性専用が1つありました。
こちらはちょっと広くて、結構オープンな感じだったりしますが、
秘湯の雰囲気満載で楽しめます。

2005/12/26 14:35

ちょっと足を伸ばして岐阜県の温泉をご紹介します。
上高地の先、安房トンネルを越えて岐阜に入った所にひっそりある福地温泉です。

周りはとにかく何もない山の中ですが、温泉街の方々がいろいろと考えており、
「のくとまり手形」といって、宿泊した宿以外のお風呂をもらい湯できるという特典もあります。
泊まりたかった宿に泊まれなくても、お風呂だけ入りに行くということもできるので、
事前にどこに行くか吟味した方がいいですね。
時間制限や時には人数制限もあるので人気のお風呂には早めに行くしかありませんが・・・。

私のお気に入りは「いろりの宿 かつら木の郷」
古い豪農の家を移築したという建物は、雰囲気たっぷりでとにかく一度行って大変気に入ってしまいました。
外の門をくぐってからお風呂に行くまでの道のりで、もう満足してしまったくらいです。
お風呂ももちろんいいですよ!
昼間の天気のいい日に入ったので、露天風呂は日差しが強くまぶしかったのですが、
壁には笠が置いてあり、それを頭にかぶって入ることができました。
裸に笠をかぶって入浴・・・、はたから見たら、なかなか不思議な光景かもしれませんが・・・。

人気があるせいか最近では混雑がひどくなり外来入浴は平日大浴場露天風呂のみだそうです。
私がいった数年前はまだまだ空いていて、昼間のんびり貸しきり状態で大浴場に入れました。
宿泊もしてみたいのですが、なかなか予約がとれずいまだに宿泊したことがなくて残念なんですが。

他に姉妹館で「湯元長座」という旅館も同じ福地温泉にあります。
こちらもお風呂だけ利用したことがありますが、ヒノキの内湯と、ひろびろとした露天風呂で大変よかったです。

続きを読む...

2005/12/08 10:26

小諸の駅からほど近いところにある温泉宿です。
有名な懐古園もわりと近くですが、周囲は大変静かなところでした。

こちらの温泉はなんといっても有名なのが、秋から春にかけて
浴槽に「りんご」を大量に浮かべていること。
その名も「初恋りんご風呂」・・・。

りんごは思った以上に大量に浮かんでいてびっくりします。
効能のほどはよく分かりませんが、お湯の中のりんごの香りが
なんとなく感じられてちょっと面白いですよ。
一種のアロマテラピー的な感じで。

以前別の温泉でもりんごが浮かべてある所があったのですが、
ほんのちょっとしか浮かんでいませんでした。
そしてなぜか脱衣所にも置いてあるりんごをおばちゃんが入浴しながら食べていて、
それは浴槽に入れる用に置いてあるんじゃない?と
つっこみたくなったのをふと思い出しました。余談ですが。

中棚荘は高台に半露天の内湯と外に露天があるので、開放感のある、
とっても景色のよい源泉かけ流しの温泉が楽しめます。
小諸散策の後は是非どうぞ!

入浴料1000円

2005/11/18 18:43

今日は下諏訪にある毒沢鉱泉です。
いきなり温泉じゃないんですが・・。

「神乃湯」は住宅街の裏山を登っていった先にあるひっそりとした旅館す。
そんなに大きくない内湯が男女別にひとつづつあるだけですが、
大きな窓が前面にあって、まるで山の中でお風呂に入っているような感じがします。

「毒沢」というおどろおどろしい名前からも、なんとも効きそうな鉄含んだ茶色いお湯のお風呂です。最初は「えっ、これに入るの?」と思ってしまうようなとにかく茶色いお湯です。



飲用もでき、胃腸の悪い方、貧血の方に効果があるとのことです。
が、飲んでみると「えっ」って感じの味がします。
ちょっとたくさんは飲めない味。
例えて言うなら・・・、いや是非ご自分でお試しください。

入浴料700円

2005/11/15 11:32

先日松本から他県へ引っ越しました。
約4年の松本での生活でしたが、いろいろと新鮮で楽しかったです。

わずかな期間でしたが、あちこち観光をした記録を残しておこうと思います。すでに結構忘れちゃってるんでどこまで続くか分かりませんけど。。。さらに記憶があいまいな部分も多いかと思いますがご容赦くださいませ。

まず記念すべき?第1回目テーマは温泉です!
地元の人からすれば、珍しくもないんでしょうが、日帰り温泉には結構はまりました。
自分で忘れないためにも、印象に残った所をいくつか書いていきます。

一番のお気に入りは
大町の葛温泉「御宿かじか」

何十回行ったか分かりません。
松本にきて最初のころは、あちこちの温泉にいきましたが、最後のころはほとんどここばかりでした。

なーんにもない山の中にひっそりある葛温泉。
宿もたしか3軒ほどしかありません。
その中で一番よくいったのが「かじか」です。

わずか6部屋ほどしかない旅館で、昼間は時間によって日帰りでも入浴させてもらえます。
料金は800円。
紅葉シーズン以外は、だいたいすいているので貸切状態になることもよくありました。

源泉かけ流しで、半露天風呂の外湯と大きな内湯がありお風呂から見える木立がとっても
気持ちよく、ぼーっとするのに最高でした。真冬に雪のなか入る温泉もとってもいいですよ。

松本近辺の人に話しても、結構知らない方も多かったので、お近くにお寄りの際は是非お試しください。

続きはまた。