言葉の持つ魔力 | Home | 4月バカの壁
2006/03/31 7:11 | 印刷

なぜ、この松azがすばらしいと感じているのか?
昨日、その根源的な理由を発見いたしました。

松azの全てのページの右下に
“Powered by Tanalog”
とあるのにお気づきの方も多いでしょう。

Tanalogとは地元の有限会社Wissさんが開発なさった
ブログのシステムです。
システムが使いやすいことは皆さんご周知の通りでしょう。

では、なぜなのか?
もちろん技術力はあるでしょう。
しかし、技術力ならどこだってあると思います。

やはり、その肝心要は、
考え方、心構えだと思います。



そして、昨晩、わたしはそれを発見し、
とても興奮いたしました。

それは、Wissさんのポリシーです。

シンプル・イズ・ベスト (パタゴニアのデザイン原理より)
完全とは、付け加えるものがなくなったときではなく、
取り去るものがなくなったときに達成される。
何が必要かではなく何が必要でないか・・・

 http://tanalog.com/wiss/2004/11/17/1100675734281.html

なんと、これを掲げていらっしゃったのです。
わたしは数日前
松azという究極のシンプルブログ
という投稿をしています。

そして、これを発見したの、
その後だったのです。

そう、後からだったのです。

それが重要で、
Wissさんのポリシーは
松azさんを通して、
明確にわたしたちに伝わってきたということです。
ひそかに感動していました。

そして、わたしが共感した
Wissさんの考え方を象徴するエントリーを
ひとつ紹介させていただきます。
http://tanalog.com/pebble/2006/01/24/1138032012509.html

このような方々に支えられているのですね。
まだわたしが気づいていない方々も含めまして、
心から感謝いたします。

機会があれば是非一度お目にかかりたいものです。

今日はうれしい発見についてでした。




なるほど………
ではでは、早速♪
こうやってつながっていく人間関係って面白いですね。実際にひとつのつながりが生まれるのですからね。コメントありがとうございました。
シンプル・イズ・ベスト・・心に染みますねぇ~・・・
ちなみに鷲は地味です。。。(キイテナイ
言い古された言葉ですが、陳腐化しない言葉ですね。それだけ希少価値が高いことなのでしょう。地味な仕事はたくさんありますが、それを地道にやり続けられる事はなかなかないことです。コメントありがとうございました。
おはようございますm(_ _)m
コメント遅れ申し訳ございません。。。
シンプル・イズ・ベスト…
そうですね☆
考え方は出来るだけシンプルに考える様にしています。大事だと思います。
いつもありがとうございます。
コメントは気になさらないでください。おなじ立場、よく分かりますので。複雑になってきたとき、シンプルに考えたり次元を変えて考えたりすると、もつれた糸が解けることは、しばしばありますね。コメントありがとうございました。
「仕事に出かける、その前に」drive様
TBありがとうございます。
弊社ポリシーについてはお恥ずかしいかぎりですが、
地元に密着したブログであります、マツアズに少しでも貢献できればと思っております。
ブログシステムについては採算度外視、一人がコツコツ作ってきたもので、不十分な所多々あると思いますが、ご理解いただければ幸いです。
有限会社ウィス TANALOG担当
裏方の役割というのは、とても地道な、まさに「コツコツ」という仕事に違いありません。しかし今後、ますます裏方が必要であり、また裏方を尊重する文化が生まれてくることは間違いございません。誠実なお仕事を感謝いたします。コメントありがとうございました。
ここ最近松Azについての記事とそれに対する反応がすごいですが、アクセスアップのための釣りブログとしか思えません(連続して書かれてますので)。

いろいろ手を加えたい、いろいろやりたいなら松AZに来るな、という考えはいかがなものでしょうか?

使いやすさを考えたらシンプルになった。
それもいいかもしれません。ですが、
与えられた用紙にただダラダラと書いているだけが「人」ではないと思います。

こんなことするにはどうしたらいいのかな?
あんなことするには勉強しないとな。
というのが、当たり前の感情や行動でしょう
(悪い方向に行かないということを前提として話をしています)。

一歩前に進むためにも機能の追加や、カスタマイズ、そのための勉強は必要だと思います。

そのためには、マツアズマンさんにご苦労していただかなくてはいけませんが、シンプルがすべてではないはずです。

かなりきついことを書きましたので、ご気分を害されたと思いますが、あまりに皆さんが流されていると思いましたので書かせていただきました。
失礼いたしました。
 ご質問1:「アクセスアップの釣りブログではないか?」
 ご回答:おっしゃるとおりです。実際にアクセスアップにもなっておりますので、アクセスアップのための釣りブログといえます。わたしがブログを開設したきっかけは、日記ではなく、サブタイトルにあるように、多くの人に『ちょっと違った「今日」をはじめる、ほんの小さなきっかけ』になればうれしいということです。ですので、人に読んでもらえなければ意味がありませんでした。そのためにアクセスをアップさせる方法を検討いたしました。SEO対策など、技術的なことがさっぱり分からないわたしにとって、方法は、人が読みたいと思う記事を書くこと。そしてその内容の中で、わたしの考え方を述べること。それしかございませんでした。その中で、自分も興味を持ち情熱を込めて書けるトピックが、この松azさんに関することだったのです。そして、それは予想以上の反響を得ることができたと思っています。そして特に、ぶっちょさんのように、違った角度からのコメントを残してくださるのは、わたしにとってもありがたいことです。内容が単なる中傷なのか、それとも、相手を思いやる気持があっての言葉なのかは、呼んだ瞬間時感じられるものです。わたしも今こうやって書いておりますが、書くという行為は時間のかかることです。それをあえてやる、しかも憎まれ役をかうという、本人にとってもうれしいことではないことを書く、これはよっぽどではないとできないことだと思います。感謝しております。
 質問2.シンプルだけではない、機能アップも必要ではないか?
 回答:おっしゃるとおりです。わたしの哲学として“シンプル・イズ・ベスト”はございますが、決して“シンプル・イズ・オール”ではございません。わたしは大手ブログとの対比で、あえて松azの持つ強みをシンプルというところに絞り込んでアピールしました。ただし、これは松azのではなく、わたし自身の見解だということはご了承ください。いったいどんな機能が必要なのか、それはユーザー側からリクエストを出していきたいですね。またリクエストできるくらい勉強をして、スキルアップを図っていくことは素晴らしいことだと思います。マツアズマンさんが、もっともっと努力しがいがあるような、そんなユーザーが増えてゆくことは、一つの目標だと思っています。

最後になりましたが、的確なご質問をしていただきありがとうございました。またお気づきの点がございましたら、いつでも遠慮なくコメント頂戴できましたら幸いです。今後ともよろしくおねがいいたします。
↑誰これ?
流れているのではないと思うよ。
人それぞれ考える事はある。
価値観だって、やりたい事だってそれぞれ違う。
でも相手が考えている事を1つでも多く学ぼうっていう気に対して失礼だな。
もちろんみんな向上心はもっているはず。
だからこそ共感して、自分の考えとマッチしてより良いものを作り上げていく。
おかしくないと思うよ。
こんな事言って申し訳ない。

心優しいお言葉をありがとうございます。とても感謝しております。わたしの記憶が正しければ、梁山泊さまから頂く初めてのコメントではないかと思います。そのはじめてのコメントをこのようにしていただけるというのは、その思いやりの気持に心をうたれております。ぶっちゃ様のコメントそのものも、わたし自身にとってはありがたいものです、しかし、その後すぐに梁山泊さまのこのようなコメントをしただけたことで、より前向きで明るいものにしていただきました。心から感謝しております。フォローのコメントありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。
システム開発かぁ・・・
なんかちょっと懐かしい響き
私も休職前はプログラムとかHPの作成なんかをやってたんです
・・・とはいっても、アナログタイプの私には
新しい技術や言語が次から次へと押し寄せかなり頭の痛い日々でしたが・・・(^^;
なんだか ズレたコメントですみません f^^;
アナログタイプって素敵ですよね。デジタルではコンピューターに絶対勝てませんが、アナログでは人間に勝てませんからね。もちろん勝ち負けではなく、お互いの良いところを活用していくことでしょう。コンピューターやインターネットは必須の時代だからこそ、人間自身が追及すべきは間違いなくアナログでしょう。コメントありがとうございました。
ぶっちょさんの考え方、
梁山泊さんの考え方、
それぞれに対するdriveさんの考え方、

一連のやり取りは大変勉強になりました。

一見すると誹謗中傷的なもの、
ややもすると対抗したくなるところ、
しかし真摯な気持ちで感謝する、

世の中にはムダなものはない
「必然・必要・ベスト」の精神でしょうか

感動です!!
もしかしたら世の中に無駄なものがたくさんあるかもしれません。きっと少しくらいはあるでしょう。しかし、自分の命が無駄ではないように、自分の時間は無駄なものではありません。だとしたら、自分の時間を使って関わる全ての事柄は、少なくとも、自分にとっては無駄ではないように思いますし、無駄にしたくないと思います。そういう気持で見ると、とても可能性にあふれた世の中だと感じます。コメントありがとうございました。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。