野沢菜漬け、第一難関を突破 | Home | スタッドレスタイヤに交換
2007/12/02 16:35 | 印刷

まだまだ、本当の冷え込みには程遠いですが、遅蒔きしてしまった白菜、大根の生長が中途半端なところで止まりつつあります。

もう、日中でも10℃を超えるか超えないかという天候ですからね、仕方がないでしょう。


それでも、一部の白菜は徐々に結球してきているのですが。



これ以上は結球しなさそうな感じ。


大根も、2、3日おきに見てみると、少~~しずつ育っているのは確認できますが、かなりスローペースになってきました。


とりあえず今日は、最も成長の遅い白菜を根っこから抜いてきました。


どうやって食べようか、今考え中です。おひたしにしてみようかな?根っこも食えるかもしれません。


話は変わって、昨日の酒の肴。


キャベツの1/4カットが三郷のジャスコで28円だったので、喜んで買って来ました(笑
脳裏に浮かんだのが、Sachiさんが以前ブログの記事に乗せていたレタスキャベツの炒めたスパがんまそうだったので^^;


1.油を引かない熱したフライパンに、小さくカットしたベーコンを一枚ずつ、それぞれがくっつかないようにして並べる。

2.ベーコンがカリカリになってきて、ベーコン自体の油が出てきたら、フライパンを揺すってその油を全体に行き渡らせる。

3.あらかじめ、水でシャキっと洗って手で千切って水切りしておいたキャベツを投入。ジャーーーって音が気持ちいい。

4.ベーコンの油をキャベツに馴染ませる程度に、軽く炒める。塩気はベーコンのみでOK。

5.冷めないうちに食卓に運び、はふはふ言いながら食す!

6.はふはふしながら、すかさずビールかモルトウィスキーでゴキュゴキュと喉を鳴らして流し込む!

あーーー!美味しっ!!(C)柳沢きみお「大市民」


手軽でかんたんに作れて美味し!な酒の肴の情報交換、どなたかしませんか?^^ゞ


---------- 追 加 ----------
結局、締まりのない白菜は、軽く茹でて麺つゆと鰹節でおひたしにしました。

ピーマン縦にばらして
油引かないフライパンに押さえつけて表面焼いて
オカカにしょう油 or 唐辛子味噌
とか
細切りカリカリベーコンと大根の千切りサラダ
とか、こんなんでいーのか?
そそ、テーマは「酔っ払いながらちゃっちゃと作れるお手軽」だw
したら、記事のしまりのない白菜は
見たところやや固そうなので
ザクザク切って油揚げと炒めて
しょう油回しかけて最後にゴマ油たらして
シャキシャキ固めをわしわし喰う
という微妙な手順が一切無いメニューはどうダロか。
しまりがなくて悪かったのうwww
しまりのない白菜は、まだ畑に9株残ってるので、今度やってみる。
結局、記事に追加したように、おひたしにした^^;

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。