見積もり。 | Home | 安曇野を選んだ理由。
2006/07/25 21:13 | 印刷

お隣さんの庭で育った、パパイヤです。




奄美では、パパイヤが気軽に手にはいります。
この土地の気候にあった野菜なので、特別な世話をしなくても簡単に育ちます。




こんな木です。






いつも、どこからかいただけるので、購入したことは一度しかありませんが、
八百屋さんでは100円で売っていました。
たぶん、内地(本土のこと)では1000円近くするのではないでしょうか?




パパイヤは、野菜としても果物としても楽しめます。




青い間は野菜として、炒め物などのおかずに。
日にちを置いて赤くなってくれば、果物としてデザートに。



二度美味しいというわけです♪




はやく食べようニャ~!待ちきれないニャ~。。。




はいはい(^-^)クニオさん。


今回は、果物としていただきましょうね~。






中身はこんな感じ。





苦くて甘い、パパイヤなのです。



苗を一本安曇野に持っていって、育ててみようかな。
強い木だから、育つかも。。。




blogランキングへ


へぇ~
パパイヤってこんな木だったんですね。初めて見ました。
それに苦くて甘い?????
ちょっと想像がつきません。
安曇野に苗が根付いて実がついたら
1つわけていただきたいです(^^)
小さい木です。
一本引越し先に持って行って、植えてみます。
土は問題ないけど、寒さにはきっと、負けるだろうなあ。。。室内で育ててみるとか??

見事実ったら、パパイヤ料理を楽しみましょう♪
パパイヤの酵素が、身体やお肌にいいらしいですよ~(^-^)




私も、パパイヤの木は初めて見ました。
感激♪
フルーツ好きの私は、パパイヤの味にも興味津々。
『甘~~い。』味を想像していましたが・・・。
苦い???

しかし、南国ムード満点ですね。
私の心は、夏の季節も相まって、かなりの旅モードです。
かなり皆さんの刺激を受けています。(笑)

安曇野で育てられたその時は、私にも1つ分けてくださいね♪。
yukoさん、フルーツ好きです?
奄美では幸せなフルーツライフが送れますよ~。フルーツは年中豊富で、旬を感じて新鮮なものがいただけます。

先月までは、すもも。
そして今は、パッションフルーツが旬です。
パパイヤは年中OK!
口に入れてすぐはすごく甘くて、最後に苦味がくるんです(^-^)

よ~し!
一本、育ててみますネ!
takaさん、こんばんは!
うちのブログをリンクしてくださってるんですね!!ありがとうございます。気づくの遅くてごめんなさい~。
うちの方でもリンクさせていただきますね^^
よろしくお願いします!

クニオさんと比べるとパパイヤって私が思っていたよりも大きい果物なんですね。
やっぱり南国の果物らしい色ですね。
甘くて苦いってところがクセになっちゃうんでしょうか?
安曇野でも育つといいですね^^
リンク、勝手にしてました..スミマセン(-_-;)
みえさんのブログ、好きなのでつい。。。
引越しが片付いて時間ができたら、
私のブログも、もうちょっと見やすくレイアウトしたいな~って思ってます。

完熟パパイヤは、とても不思議な味ですよ~。
甘くて苦いので、美味しいような?美味しくないような?、、、複雑な味。
私は青いうちに、サラダにするのが一番好きです。

安曇野では、たぶん寒さで負けちゃうだろうなあ。。とは思いますが、育ててみます!
こんにちわ。
安曇野への準備が着々と進んでらっしゃいますね。
パパイヤの木、生活空間にある写真を初めてみました。先日、青パパイヤと格闘しまして。こちらではとても珍しい野菜?で。
懐かしく改めてパパイヤの国を想いました。
トラバさせていただきました。
暑いです。引っ越しは体力消耗します。お身体ご自愛くださいね♪
えむむさん、はじめまして!
コメント&トラバ、ありがとうございます♪

私もえむむさんのところにトラバしようとしたら。。。???トラバの貼り付け場所がない!
ん~?

松AZの説明を読みましたが、わかりません。。。

えむむさ~ん、やり方教えてください(^_^;)


えむむさん、わかりました。
トラバさせていただきました♪

パパイヤの県より。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

歓迎♪ 安曇野。パパイヤの県からリンゴの県へ。

このエントリーのトラックバックURLを表示