2018/12/11 20:12

つい先日、蕎麦屋友達から送られてきたものが。



昆布!

味の特徴、出汁の取り方によっての味の変わり方等、詳細な記録も一緒でした。よし野の店主と違ってなんてまめなのでしょう。温かいそば用のつゆに使っているとのこと。冷たいそば用には合わないのでは、との記述も。なんて研究熱心。

研究といえばよし野の店主は店にやってくるサルたちの群れがどのように移動していくのかを調べております。う~ん、こんなことを研究しているようでは蕎麦屋友達に笑われてしまうというもの。サルの研究は秘かにすることにしよう・・・。

2018/12/07 20:00

うっきーうっきーうっきうき!

サル達のうっきうき!とは対照的によし野の店主の顔は曇り気味。なぜならば最近やたらとサルの出没に悩むよし野。



うっきうき!

ああ、今日もやってきた~。それにしても意外とサル達の毛並みがきれいです。

2018/12/04 21:02

一応、12月だし火が消えたら一気に寒くなったりしたら大変。と、薪ストーブの火を絶やすことなく薪をくべ続けたら・・・汗。

汗、汗。暑い!

夕方、だいぶ暗くなった時に外の温度計を見ると・・・



15℃ちょっとある!

この時期、この時間に山の中のよし野ではありえないほどの温かい気温です。数多くのスキー場があるここ信州。早くに冬が来てもらいたいものです。

2018/11/30 19:52

「ドイツ製」と、いえば高品質の証。しかし、よし野の店主が持っているドイツ製の包丁の柄が突然、外れてしまったものだから、思わず「え~っ」と叫んでしまいました。

さて、柄が外れてしまった包丁。こうなったら自分で柄を作ります。正直、なんだか簡単そうだし・・・。しかも店にある木の板などが使えそう。



糸ノコで切り出し、厚みはカンナで削って薄くします。やすりで形を整えました。



ここまでくれば後は紙やすりできれいに仕上げて耐久性のある塗料を塗れば完成です。

2018/11/27 20:50

薪ストーブに薪ボイラ。薪をよく使うそば屋、よし野。そんなある日のこと。ホームセンターでお買い物をしていると「もしかしたらこれは使えるかも!」ビビビ・・・とはこなかったもののピピピ程度に感じた物がありました。それは・・・



練炭ばさみです。ちょいと薪を運ぶときに使えるかな?と思ったら使えました。このホームセンターでの価格は298円。長く使えそうに思えるシンプルさ。そして何かあってもダメージの少ない金額。

薪をつかむのにトングを使用していましたが、これからはこの練炭ばさみの出番が増えるかもしれません。






こんなサプライズが。感謝感激!ありがとうございます。

≪前へ | 2 / 20 | 次へ≫