2017/09/22 20:20

シュウメイギクが咲き始めました。

薪棚の前に咲いていたので意外と目立ちません。そこで目立つところに移動しようと考えました。

スコップで移動先に穴を掘ります。掘った穴に水をたっぷりと流し込んでからシュウメイギクを根っこ周辺の土ごと掘り出して移動します。

移動が終わって土を上からかけて軽く押さえます。再びたっぷりの水をかけて移動完了!これでシュウメイギクは目立つところへ。

しばらくしてから移動したシュウメイギクを見ると・・・



なんと!みんなしょんぼりしているではありませんか!!
これで残念なことにでもなったらよし野の店主もしょんぼり。

2017/09/15 20:07

りんごには青りんごがあります。どんぐりにも青どんぐりがある!?



いやいや、ただ単に茶色くなる前のどんぐりなだけ・・・。見た目、意外とおいしそうです。色から味を想像するに「抹茶味」。

お菓子で「たけのこの何とか」「キノコのなんとか」というものがありますがどんぐり型のお菓子なんて面白いかもしれません。

そういえばものすごく昔、どんぐりは貴重な食べ物だったらしいですね。美味しいのかな?

2017/09/12 20:09

よし野の入り口付近に石が並べられています。最近になって、さらに石を運んできて何やら始めようとしています。「只今工事中」という張り紙はしておりませんが実は工事中です。


ひたすら石を動かし続けてきたよし野の店主。石を動かすことはちょちょいのちょい。しかし、その日は油断をしていました。100キロほどの石をバールで持ち上げながら体をひねったら「グキッ」。腰から音が聞こえてきました。

椅子から立ち上がる時「イタタタ」。起き上がる時も「イタタタ」。いくら石を動かすのが得意とはいえ油断大敵です。幸いだいぶ痛みが消えてきました。

カステラが一番、電話が二番なんていう歌があるけれど作業は一番が安全だな。二番は何だろう?三時のおやつはカステラでいいだろうけど。



2017/09/08 20:10

時々食べたくなるもの・・・人によって様々。

よし野の店主の時々食べたくなるものは「甘いもの」そして「さらしなそば」です。

若かりし頃は長崎のお土産でもらったカステラ一本を一回で食べてしまったこともありました。今では考えられません(もったいなくて)。

そして「さらしなそば」。そばの実の中心部分の粉で作った真っ白なそばのことです。そばの実の中心部分はでんぷん質。よって食べたときに「ほわ~」と甘みが口の中に広がります。

「さらしなそば」を食べたくなったら蕎麦屋だけに自分で作ればいいだけのこと。



待ってろよ~さらしなそば~!!

さらしなそばを作る粉はいくつか名称があります。この製粉屋さんでは「御膳粉」です。

2017/09/05 20:11

最近、悩んでいるよし野の店主。

蕎麦屋の店主が何日も悩んでいるからには、きっとそばに関する悩みに違いない。いえ、実は・・・。

タオルケットで寝たら寒くてよく眠れなかったので、次の日は毛布で寝たら汗だく。

ああ、今夜はどちらで眠ろうか・・・悩む。




| 1 / 20 | 次へ≫