今年はいつ?初雪 | Home | 焦るよし野の店主。本当の理由は・・・
2020/12/02 19:58 | 印刷

薪ストーブの季節!と、なりました。とは言っても薪ストーブはあっても薪が無ければただの金属。冷たいままです。薪をどんどん運びます。



しっかりと乾燥した薪なので軽々と運べます。よし野では主に松の木を使っているのでよけいに軽々しています。薪ストーブの薪には主に広葉樹を使いますがこれが松ではなくて広葉樹だったら松と比べるとずっしりとした重さを感じます。

松は木が軽い分、燃え尽きるのはあっという間。その代わりに燃焼温度が高いです。そんなこともあってよし野で店内の温度が高いときは薪を入れてガンガン燃焼している時。逆にひや~っと、している時はある程度薪が燃えてしまっていて次のを足していないときです。

ともあれ、すぐに燃えてしまう松。さぁ、薪を運べ運べ!運ぶぞ運ぶぞ!

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。