2018/07/20 21:33

よし野の店主は昔、山登りをしていました。その時に揃えた数々の道具達。山登りをしなくなってから何年も経つと、その道具達が一つ消え、もう一つ消えと、気がつくと残りは数えられる程まで少なくなってしまいました。

そんなよし野の店主の数少ない山道具の一つがこれ。



重いのであまり出番がなくて生き残りました。山ではあまり出番がありませんでしたが冬になるとこれで暖房代わりにしたりと重宝しました。しかし、これとももうお別れです。壊れた部品を変えようにもその部品がもう無いのです。

部品の問い合わせをしに山道具屋さんへ出かけて行ったときに最近の山道具を見ていてよし野の店主は思いました。「山が俺を呼んでいる~」

この山道具のお別れがなんだか再び山世界への扉が開いたような気がしました。

2018/07/17 20:50

気がつけばいつの間にかセミの鳴き声が春ゼミから夏ゼミになっていました。「ミーンミンミンミン」とミンミンゼミの鳴き声がよし野の周辺に響き渡っております。それにしてもミンミンゼミの鳴き声は更に暑さ倍増。

よし野の建物の壁にセミの抜け殻が・・・



昆虫博士ならば「これは何々ゼミの抜け殻」と、わかるのでしょうがよし野の店主にはわかりません。アブラゼミ以外、セミの判別は鳴き声だけが頼りです。

「アブラゼミ」「ミンミンゼミ」「クマゼミ」。よし野の店主はセミの中で暑苦しい鳴き声御三家はこの三種だと声を大にして言いたいです。

2018/07/13 20:02

夏にもなればここ、信州よりも暑い甲斐の国。その甲斐の国の甲府にいたっては全国でも指折りの暑さの名所。その甲斐の国を治めていたお方が言うのだから間違いがない「涼」を得る心得。

それは・・・

「風鈴火山!」



今年も木にぶら下がっております。

2018/07/10 21:14

これから夏本番!真夏ともなれば山の中にあるよし野でも当然、暑いです。そんなチューブとサザンの季節に客席で活躍するのがこれ。



昨日からヒグラシが鳴き始めました。クワガタも出始めました。もう、これの季節です。

2018/07/06 21:06

「トラノオ」。虎の尾と、いうことなのでしょう。確かに形が動物の尻尾を思わせます。

この花の名前を知るまでにだいぶ年月がかかりました。知るまでは「ちびまる子ちゃん、花輪君の髪型花」とかなり長いよし野の店主独自の名前をつけておりました。



このトラノオ、よく見てみるとよし野だけではなくあちらこちらで咲いています。それにしてもこの花、確かに尾のような形に見えるけれど、虎をもってくるあたりに名付けをした人のセンスの良さが光ります。そして雨が降る中、トラノオの白い花が光ります。

| 1 / 20 | 次へ≫