2017/10/17 20:51

ほんの少し前、「夏か!」という気温の後、一気に気温は急降下そして長雨。調子が悪くなるっていうものです。よし野でも調子が悪いのが・・・煙突。

よし野ではお湯を沸かすのに「薪ボイラ」を使用しております。どのようなものかといえば薪ストーブの周りに水が入っているタンクがある。と、いうか水のタンクの真ん中に薪ストーブがあるというか・・・まぁ、そんな感じです。

その薪ボイラの煙突の調子が悪いのです。原因は分かっております。煙突の一番先端の部分が詰まっているのです。

今度こそ煙突の先端部分を変えよう!そう、決意いたしました。定休日に晴れないかな~。

2017/10/13 20:31

「信濃1号を使われているのですか?」
と、つい先日よし野のそばのそばの実の品種のことを聞かれました。

お米同様、そばにも多くの品種があります。キタワセソバ、牡丹そば、常陸秋そば、信濃1号などです。

「よし野では信濃1号ではなくあずさ2号です」
と、答えたかった・・・。

聞かれた時間が8時ちょうどであればそう答えていたに違いない・・・。



安曇野は寒くなってきました。

2017/10/10 21:11

今年はとても多いらしいです。洗濯物についている・・・。気づいたら家の中に・・・。ここは山国信州。信州あるあるの一つです。

山のそばのよし野。当然のように彼らはやってきます。せっかくなので色々と調べております。よし野にくる圧倒的多数なのがこれ。クサギカメムシ。



たまに来るのがアオクチブトカメムシ。


写真が撮れなかったもののアカスジキンカメムシの幼虫も来ます。成虫と幼虫の模様、色が全然違うので違う種類のカメムシかと思っていました。ちなみに成虫はこの時期見ません。

カメムシとはちょっと形が違う・・・けれどもこれもカメムシの仲間。

シマサシガメと思われます。その名の通り「刺されて」しまう厄介な奴です。刺されたことはありませんがかなり痛むそうです。要注意。

カメムシが多い年は「大雪」などといわれている地域もあるそうです。そしたら今年の冬は大雪なの!?




2017/10/06 21:30

真っ白なそば、「さらしなそば」。そばの味わいに優れているとか香りが良いと、いうことは無いのですがよし野の店主は意外と好きです。

さらしなそばでも一般的にはつなぎを二割ほど使いますが、さらしなそばを出しているお店の中にはつなぎを一切入れない十割のさらしなそばのところもあります。



つなぎを入れずにさらしなそばを打ってみました。

もし、よし野でさらしなそばを出すことがあれば十割ではなくて1割ほどつなぎを入れようかな。

真っ白でもそうめんではありません。れっきとしたおそばです。

2017/10/03 19:54

ノーベルウィークです。どうもこの時期になると電話が鳴るたびにドキドキしてしまうよし野の店主。絶対にないだろうけれども何かの間違いがあって更に間違いに間違いが重なったりして・・・。そう考えると、もしかしたらあり得るかも。

そんなよし野の店主。この間、カマキリに狙われました。



「そんな目で見ないでくれ~。怖すぎ!」

| 1 / 20 | 次へ≫