2020/01/15 19:44

良い職人は道具の手入れを怠らず、道具は常にしっかりと準備されているもの。

悪い職人は道具の手入れがおろそかで道具の不具合が起きてから手入れをする。

さぁ、よし野の店主はというと・・・



あれれ?年末に予備のそば切り包丁にしてから未だに手入れをしていません。何ということでしょう!と、言うことはよし野の店主は・・・。

「冬はもうしばらくあるからぼちぼちいきますか」

そんなことを言うよし野の店主。冬のよし野は意外と寒くて長いのです。

2020/01/08 19:43

少し前のことですが、久しぶりに蕎麦屋から木こりに変身。久しぶりにチェンソーを持ち上げてみると・・・。
「えっ、こんなに重たかった?」

重たかったのはチェンソーだけではありません。体の動きもまた重たかった。



もう一本、伐採したかったのですが・・・。

なんと脚がよろけて転倒!自分が思っているほど体力が戻っていないようです。安全第一、残りの一本は後日改めて。

2020/01/01 19:12

明けましておめでとうございます。今年もよし野をよろしくお願いいたします。



多くのお店の入り口には門松が置かれています。お店によって大きさはまちまち。しかし、よし野のものとは明らかに大きさに違いが・・・。そもそもよし野は入り口に置かれていないし。

さぁ、よし野の門松の大きさ、そして置いてある場所はどこでしょう?
答えはよし野へGo!

2019/12/25 20:45

クリスマスを前に今年もよし野の店主は薪ボイラの煙突掃除。

今年こそはサンタさんが来てくれるようにとわざわざ煙突を外しての掃除。と、言いたいところなのですが実は煙突を外さなくてはならないほど煙突が詰まっているのです。



煙突を外し、煙突の先端部の「H型」の部品を外しました。中はヤニで詰まっています。これでは煙が抜けないので燃焼しません。

真っ黒のヤニの塊をしっかりと掃除をして、煙突を元に戻します。その後、試し炊きです。しっかりと清掃したことで今までしょぼしょぼの燃焼だったのが、バンバンと燃焼します。よかったよかった。

それから二日後の22日。よし野に少し早いクリスマスプレゼントが!

なんと、よし野の店主が今まで食べたことのないチョコレートを頂いたのです。つい最近までショコラとチョコレートが違うお菓子だと思っていたよし野の店主には、当然それがどんな種類のものなのか分かりませんが一口食べると・・・

お、お~。目の前にヨーロッパの景色が広がる~。ヨーロッパに行ったことないけれど・・・。

今まで味わったことがない美味しさに感謝です。どうもありがとう!






2019/12/18 21:05

蕎麦以外のことに力を入れてしまう蕎麦屋「よし野」。その店主がまたまた蕎麦以外のことで・・・。



山積みの薪を運びます。ここは「気合一発!」そうでないと薪はガラガラと崩れます。

だいぶ乾燥してきた薪。もし、切って間もない水分の多い薪であればこんなに山積みしたら「気合一発!」で運ぼうとしても重たくて持ち上げられないでしょう。

こうして今日もどこぞの蕎麦屋の店主は蕎麦以外のことを頑張ってしまったのでした。

| 1 / 20 | 次へ≫