2017/12/15 20:40

よし野の店主は元、山登り大好き人間。ちなみに今では全然、登りません。山をよく登っていた時に使っていた道具達は年月が流れる中、その性能を維持できなくなって一つまた一つと消えていきました。そんな中、生き残っている山道具の一つがこれ。


実のところ山登りをしていた時はほとんど使っていませんでした。なぜなら軽くてもっと性能のいいものを持っていたからです。しかしながらここ数年、寒くなるとコイツが大活躍。これで暖をとっております。

この冬も寒くなってきてから出番が急増。しかし、灯油が漏れるという危険な症状が・・・。今までもちょこちょこっとした部品の交換をしてきましたがこのようなことは初めて。コイツもついに寿命が来たのかな?

一応、修理ができるかを調べたところ部品の交換だけで済みそうです。しかし、この部品の交換をするのに「特殊工具」とやらが必要とのこと。「何が特殊工具だ!そんなのDIYだ!!」と、部品の形に合わせて作ってみました。


部品はこれ。長さ3cmくらいです。

必要と思われる工具類。そして大きめの使っていないボルトを外に持ち出して製作開始。難なく10分程で「特殊工具」完成。



無事に部品の交換を済ませ、再び大活躍。


2017/12/12 20:33

冬に備えての漬物は地域や家庭によって様々。よし野では野沢菜です。



本日、よし野では野沢菜を漬けました。食べ頃は・・・まだまだ先です。

2017/12/08 20:35

金曜日、よし野の定休日。

今日は松本へ用事を済ませに行きます。せっかく松本に行くからには今、話題の「松本イオンモール」へと帰りに立ち寄ることにしました。よってお店の作業は返上です。

用事を済ませたらイオンモールへ。おお、なんということでしょう。以前の面影は全くありません。建物と立体駐車場がドン、ドン、ド~ンとあります。中に入ると店、店、店。残念ながら蕎麦道具専門店はありませんでした。



イオンモールには蕎麦道具専門店やチェンソー専門店がなかったものの、12月らしく大きなクリスマスツリーがありました。

普段は山の中でひっそりとしているために松本に行くというだけでも疲れを感じてしまうものなのですが、それにプラスイオンモールによって帰りの道中、いつもに増して疲れを感じてしまったよし野の店主なのでした。

2017/12/05 20:24

障子の枠を塗る作業・・・実はまだ終わっていません。



一つ塗るのに2時間弱かかるので、まとまった時間がないと作業に取り掛かれないのです。とはいっても残りはあと一部屋分の二つ。年内に終わらせられるか!?

そんな中、一部屋だけ色を塗っただけの障子の枠がセットされている前で山の神が一言。「障子紙がないと、なんだか檻とか牢屋みたいだから障子紙はやはりあったほうがいいわね」

おお~これで年内の作業終了は絶望的か!?

2017/12/01 20:58

♪も~いくつ寝るとクリスマス♪(お正月の歌じゃないか?)

12月にもなれば一気にクリスマスモード突入。よし野の店主はサンタさんに来てもらいたいがために煙突の掃除&補修をします。

サンタさんは汚い煙突だと来てくれないという噂を聞きました。昨年、よし野にサンタが来なかったのは煙突掃除を怠っていたからに違いありません。

今回は薪ボイラの煙突の掃除&補修です。
はしごをセットして登って支えている針金、取り付け金具などを外します。外した煙突を持ったままはしごを降りるのは危険なので、するする・・・とすべらせながら下におろします。



外した煙突です。煙突の右側が先端になります。この先端部が詰まって煙が抜けづらくなっていました。この先端をH型に替えます。

先端部を替えたら今度は取り付けです。煙突を持ったままはしごを上ると危ないので煙突ははしごの脇に立てかけておきます。はしごを上ったらはしごの上から煙突を上へ上へとあげていきセットします。いったん下に降りて煙突の角度を確認したらしっかりと固定。


これで薪ボイラの煙突完了です。

あとは短冊に欲しいプレゼントを書いてからクリスマスツリーにかけるだけです。「ブルゴーニュのピノノワールがいいです」なんて書こうかなと思っています。えっ、なんかの行事と混ざっているって!?

| 1 / 20 | 次へ≫