2020/05/27 20:03

よし野の店主は怒っています。

マスクの入手が困難だった時にマスクが届かないし、あちらこちらで入手ができるようになった今、未だにマスクが届かない!はたしてこんなことでいいのだろうか?
とにかくよし野の店主の怒りはもう、噴火寸前!!



ずばり、これはイカリソウ。この植物は一体、何に怒っているのか・・・やはり政治のこと?

店主の怒りとは関係がなく、花の形が船の錨(いかり)に似ているからこの名前が付いたとか。

2020/05/20 19:34

よし野は山の中。場所柄、野生動物や昆虫たちがよく出てきます。そんなよし野の周辺ではセミが鳴き始めました。

「地球温暖化の影響でもう、セミが鳴き始めている!」
などと心配する人はご安心を。今鳴いているセミは「春ゼミ」。この時期に鳴くセミです。夏のセミと違って鳴き声だけで姿はあまり見かけません。




網戸に張り付いているのはガガンボ。脚も含めれば人の握りこぶしくらいの大きさ。虫嫌いの人にとっては「うぁ!」ですが蚊の形をしているけれども血は吸われないのでご安心を。




2020/05/13 20:25

世界の多くの人たちは新型コロナで今までとは違った生活を送っています。そんな地上を眺めては天上界のあの人はしょんぼり・・・してるはず。

あの人とは・・・そう、ベートーベン。生誕250年を記念してあちこちでお祝いをするはずだったのに新型コロナでそれどころではなくなってしまいました。

そんなベートーベンを元気づけようと山の中にあるという「なんとか山の」とかいう蕎麦屋の店主はここ最近、蕎麦打ちの際にベートーベンを流しています。



名前をすっかり忘れてしまった花が咲き始めました。

2020/04/29 19:33

冬になるとクマやカエルなどは冬眠。夏の暑い時期になると生き物の中には泥の中にもぐったりしてじっとしている夏眠。そしてよし野は5月1日から春眠いたします。春眠?



よし野が春眠から覚めるのは5月の10日から。(予定)今、きれいに咲き始めたヤマブキはその頃にはどうなっているのでしょう。

*注。春眠・・・本来の意味の他に「なんとか山」とかいう蕎麦屋の店主が勝手に「春の間に長期休業をすること」という意味で使い始めたらしい。

2020/04/15 19:33

斧を振りかざしたら斧の頭がとれました。斧なだけにオ~、ノー!



よし野では5月1日から5月9日の間は臨時休業いたします。こちらの方もオ~、ノー!なことですがご理解の程宜しくお願い致します。

| 1 / 20 | 次へ≫