豊科 こども祭 | Home | 出前講座 「市の財政はだいじょうぶ?」報告 
2007/07/23 11:49 | 印刷

今日は、まじめな内容です。
急な話なのですが、明日行われる事の
お知らせがあります。

第1回テーマ
「市の財政はだいじょうぶ?」


安曇野市になってから
わからないこと、いっぱいありませんか?
だったら聞いてみよう!

ということで、安曇野市さんに
出前講座を依頼することにいたしました。
興味のある方、ご参加ください。

今回は
「交流学習センター」と「安曇野赤十字病院」について
安曇野市の方からの説明を聞く機会をお願いいたしました。
出来れば、そのあと意見交換を参加された市民の皆さんと
行いたいと考えております。

市民の有志による開催で、市の出前講座とのタイアップでの
開催となります。

行政の方に、わからないことを聞くことが出来る「出前講座」
利用してもいいかもしれません。

安曇野市が主催する行事と少し違いますので
ざっくばらんな、意見交換が出来ればと思っております。

市民は弱い存在だと思います。
その市民の意見を、いかす努力を行政は考えて
おられるのか、説明をお聞きして考えても
いいかも知れません。


日時:平成19年7月24日(日)PM7:30~
場所:穂高会館(旧穂高町町民会館)
   体育館会議室


※この説明会は有志で行っているため、
今回は穂高でのみ開催されるだけですので、
豊科、明科、三郷、堀金の方もぜひ、参加ください。


■問い合わせ
このブログにコメント投稿して下さい
宜しくお願いいたします


■いきさつ
市民タイムスに「口差点」という市民がコラムを
自由に投稿できるコーナーがあります。
そこに、6月23日に「市民は家族」というコラムを私の妻が
載せたのがきっかけで、いろんな方とお会いし、
意見を聞く中で、今回の出前講座を開催する事と
なりました。



こんにちは。
最近疑問に思うこと。
給食センターの建替え、碌山美術館の前に出来た公園の施設(名称知りません)などから、これから建設を予定されている施設等、本当に必要なもの???箱物よりお金をかけることが他にあるような気がするのですが。
建築の仕事をしている者でも疑問です。
コメント、有難うございます。
概ね、ご意見に賛成です。
大きな事業計画が目白押しの安曇野市・・・
財政の健全化を図る上で、今あるものを
選別し、要るものか、要らないものかを整理して
目処が立ったら、踏み切らないと要らない
ものばかりになりかねない・・・
なぜ、今あるものを残すのか、一緒にするのか、
無くすのか。話し合わないのか疑問です。
時には、行政は憎まれ役にならなければいけないと思う。
今の状況は問題を先延ばしにしすぎているように
見えるのは私だけでしょうか・・・

財政力指数のみ見れば大丈夫なのかもしれませんが、所詮は数字のみです。
実際は分かりませんが、市長か収入役、あるいは秘書課にでもならなきゃホントの所は見えないでしょうね。
それより、行政としてやるべき事、やらなきゃいけないこと、止めなきゃいけないこと。
住民と協議し、情報の開示をし、きちんとしていくべきです。
カジカの里とか、町民プールの家賃とかetc
しかし、碌山公園、今後とも、全く収益を上げないものに、良くあんだけのお金かけて作ったもんだと、ある意味感心します。

滋賀・余呉町の畑野町長を見習うべき、よっぽど偉い!!本気で考えたから、ああいう答えが出て独断で判断したと思う。

市長にでもなりますか。
おいらなら、カジノ誘致します。

書きすぎました。趣旨外れてるし。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mayor/1158117857/
財政力指数・・・本当の指数ではない可能性もあるかもよ・・
onsenn83さんが、言うようなものが、不良債権化
目前であることは、誰が見ても目に見えています。
そうしたものを含め実際に修正評価したら・・・
びっくりするかもね。
コメントに感謝!

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。