2012/04/04 21:15

まとめ系の記事は少しお休みして(1回ボウズかよ・・・)個人的にタイムリーな話題をば。

先日、このブログでも紹介した「ソーシャルデザイン」と津田大介さんの「情報の呼吸法」という本を購入しまして、とあるキャンペーンで電子版のデータを頂きました。(残念ながら、キャンペーンはもう終了してます)

スマホに変えて、2年近くになるのですが、本格的に電子書籍を利用するのは、初めてです。
せっかくなので、体験記的に感想をまとめてみたいと思います。

まずは、僕の環境を。
エクスペリア androido2.1
アプリ FBReader


読んでみた感想。



どこでも続きが読めるというのは、かなりいいです。
割りとどこでも本を持ち歩くタイプなので、携帯だけ持っていれば、好きな本がちょっとしたスキマ時間で読めるのはいいです。

アプリの仕様にもよりますが、ブックマークや、気になったところをツイッターとかevernoteなどへの共有もカンタンにできるのはいいですね。
本を読むときは、付箋ベタベタはっちゃうのですが、それは結局あとで読み返すという作業をしないといけないので、ソーシャルとか自分のメモへデジタルデータとして流しておければ、後でブログとかにまとめるのもラクになりますね。
ちょっと読みにくいかも・・・と思っていましたが、なれると意外と平気ですね。

ただ、何となく手にとって本を読むという行為から離れすぎていて、そこに違和感を感じました。

電子書籍の方が検索性も高いし、情報の二次利用(個人的まとめとしてなど)は簡単なのですが、
「たしかこの辺のページに書いてあったっけ」とか、残りページがコレくらいというのを触覚的に感じることみたいな
感覚的な要素がなくなってしまったのが少し寂しいかなぁと。

で、結局どうなのよと言われると・・・悩ましいですね。
それぞれ長所や短所があり、一概にはどちらがいいかというのはわかりません。
ただ、個人的には、「紙」質感とか、マーカーを引く行為とかすごい好きなので、これからも紙の本を買い続けるんじゃないかなと。

あと、長いメルマガとかも電子書籍で読むといいかもしれません。と、津田さんのメルマガのサンプルを実際にepub版で読んで思いました。

2012/03/22 1:25



『ホームページは絵が命』

なんとも安っぽいキャッチで恐縮です。
えっと、数回に分けていわゆる「コンテンツ作り」に焦点を当てて
エントリーしてみようかと思っておりまして・・・

初回は、画像についてです。

やはり、webサイトには、画像が必需品でありまして、それは作り込まれたページであっても、普通のブログであっても同じ事です。
いろんな方の話を伺うと、デジカメで写真を撮って、パソコンに取り込むまでは難なくできるのですが、その後の処理となると「なかなか難しいよね」って方が多いようです。
windowsのペイントでサイズを縮小しているよなんて方も結構います。

ペイントが悪いとかではないのですが、専用のフォトレタッチソフトを使うと、結構簡単に色々なことができちゃいます。

画像加工は、webで何かをする場合、プロ/アマ問わず最低限必要なスキルだと思います。はい。

前置きが長くなりましたが、今日紹介するのは、GIMPというフリーソフトです。
今更なんですけどね・・・

かなり、Photoshopライクなインターフェースです。

色調のレベル補正やトーンカーブでの補正なんかもできますので、ちょっと暗く写ってしまった写真も補正できます。
もちろん、テキストを載せることもできますので、簡単な店内ポップやチラシなんかも作れたりします。

明るさを調整して、赤みを増してみました。
トリミングも縦横比を任意の数値に設定して行なう事ができます。

使いこなすのは少し大変かもしれませんが、簡単な補正(縮小やトリミング、明るさの調整など)であれば、
ほぼルーチン的に使えます。

簡単な写真の加工ができると、それだけでwebサイトがプロっぽくなりますし、見ている方への印象も全然違ってきます。
それに、プライベートでも活用できるスキルだと思うので、覚えておいて損はないですよ。

というわけで、フリーのフォトレタッチツール GIMPの紹介でした。

2012/03/20 21:48



「未来はもっと素敵だと思いますか?」

この質問に「いいえ」と答える人は、もしかしたら、この『ソーシャルデザイン』という本を読んだ方がいいかもしれません。

この質問は、今日紹介する『ソーシャルデザイン』という本の冒頭で質問されています。
なんだか、自己啓発的な紹介の仕方ですが、この本は、ぜんぜんそうゆう類のものではありませんので(^^;

greenzという社会の問題を面白く、かっこよく解決できるアイディアを紹介してくれるwebマガジンがあります。
この本は、そのwebマガジンの中で紹介されている「ソーシャルデザイン」=「社会的な課題の解決と同時に、新たな価値を創出する画期的な仕組み」のアイディア集です。

なんだが、固い話のようですが・・・ぜんぜんそんな事ありません。

編み物が上手なおばあちゃんが元気を元気にするニットブランドであったり、
タバコのかわりにシャボン玉を一服する「東京シャボン玉倶楽部」であったり、
街を賑わす「うわさ」の張り紙であったりと。

あえて詳細まで書きませんが、どれもちょっと「なに?」って気になるような話題じゃないですか?
これらに共通しているのが、「普通の人」が、「身近な課題」を「楽しく解決しよう」とした事です。

震災があってから特にそうだと思いますが、身の回りの問題に対して何かしていきたいと感じる人が増えているんじゃないでしょうか。
でも、自分は特別な能力もないし、政治家でもないし、大きな団体に所属している訳でもないし・・・と諦めている。
僕自身、そこまで真剣に何かを解決しなければと考えている訳ではないですし、自分に特別な力や権力がある訳でもないです。
ただ、この本を読んで、もう少し、身近な問題に目を向けて、何かしてみてもいいかなと。

プロポノという言葉があります。意味は「各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティア活動全般」の事です。例えば、一日のうちの1時間をそういった活動に充てられたら、そんな人が増えてきたら、きっと未来はもっと素敵になるんじゃないかと思いますし、人生も豊かになると思います。

うーーん、なんか固い記事になってしまったんですが・・・
キーワードは「自分ごと」と「ちょっとしたアイディア」と「楽しさ」だと思います。
うん、何か見つけよう。

2012/03/15 23:59

先日、couldの長谷川さんのポットキャストAutomagicで、情報の整理方法についてお話をお聞きしました。
その中で触れられてた、gimme barというwebサービスがちょっと良かったのでこのでもシェアします。

gimme bar


先日、このブログでも紹介したpintalestのようなクリップサービスです。
pintalestとの違いは、画像はもちろん、webサイトのキャプチャー画像やテキストなどもクリップができます。

仕事柄、デザインの真似事をさせてもらっています。そんな時に、色んなサイトのデザインを参考にさせてもらう機会があります。
今までは、evernoteにクリップしていましたが、いちいちキャプションを取るのも面倒なので、chromeのプラグインから「全体をキャプション」していたのですが、これちょっとレイアウトがくずれちゃったり・・・というか、そもそもキャプション画像ではなく、サイト全体を保存しているような形なので、(ボク的に)あまり精度がよくなかったんですよね。

かと言って、URLだけクリップしても、視覚的にわからないと意味ないし・・・

で、このgimme barがそんなわがままな僕の悩みを解決してくれそうなんです!


こんな感じで、キャプションを取ってくれますし、詳細ページに行けば、リンク先も自動で保存してくれています。
もちろん、説明文なんかも付与できます。

使い方もすごくカンタンで、chrome用のプラグインを入れておけば、クリップしたいページで、プラグインを起動して、右下のボタンをクリックするだけ。


画像やテキストは、クリックしたい情報をドラックするだけ。
これくらいの手軽さはいいですね。

ボクは好きなサイトコレクションとしてクローズドな環境で使っていますが、SNS的にお友達と共有もできます。
(まー、pintalestの勢いには勝てないんでしょうけど)
それでもevernoteは使い続けるんで、情報の分散管理がいいかどうか・・・悩ましいですけど、しばらく使ってみようかと思います。

2012/03/11 22:23

先立って・・・
3月11日。一年が経ちました。震災で犠牲になられた方に心からご冥福をお祈り致します。
1年あっという間でした。「何かしたい」と思い続けて、結局何もできずに1年経ってしまいました。
何ができるか分かりませんが、何らかの力添えができればと思っています。
そして、何不自由なく生活できるという事に本当に感謝です。


さて、今日Jリーグホーム開幕戦をアルウィンで迎えました!
僕は関係者で、しかも熱狂的なサポでも何でもないんですが、キックオフ前に入場して、たくさんの人がアルウィンにいて、楽しんでいる様子をみて、ニヤニヤしてしまいました。
こんな風景が日常化してくれるといいなぁと。

試合の方は、残念ながら1−2で負けてしまいました。
山雅というかサッカー全般の知識は全然ないので、わかりませんが、「J」はそんなに甘くないんですね。きっと。
そして、山形の応援もすごかった。
次節こそは、勝ち点3を!

今日の試合を開催する際にもたくさんのボランティアの方が雪かきなどの準備に携わってくれたようです。
本当に感謝です。
僕たちがアルウィンで楽しい時間を過ごせる後ろにはたくさんの方の努力があるという事を忘れずに、盛り上がっていきたいと思っています。

・・・なんか固いエントリーになってしまった・・・

2012/03/11 0:00

id=Nagano主催のWorkshop Vol.14 「Webサイト制作に役立つマーケティングロジック(前編)」 に参加して来ました。
id=Naganoの勉強会はいつ振りだろ?なかなか参加する機会も限られているのですが、講演内容もとても興味がある分野だったので、参加しました。

今回の講師の方は、フィフス株式会社の長谷川さんという方で、今の会社を設立される前からwebコンサルタントとして活躍されていた方で、どうやたデザインスタジオエルの原さんとお仕事をご一緒されているようです。

今回の内容としては、
1.web界隈の現状
2.長谷川さんが提唱するマーケティングロジックの説明
3.実例の紹介
という流れでした。

今回お話頂いた内容は、長谷川さんが以前所属されていたコンサルティング会社"日本経営教育研究所"代表取締役石原明氏が提唱する4ステップマーケティングを中心に、ご自身の経験談をお話頂きました。

4ステップマーケティングとは


「集客」→「見込客フォロー」→「販売」→「顧客化」のステップを営業フローに当てはめて営業活動を最適化する方法。

詳しくは、・・・断る営業.com
石原明さんの著書の紹介サイトです。たぶん、内容的にも合ってると思います。

マーケティングって「売る事」に注力していて、悪く言えば、多少ごまかしても売ってしまえば的なイメージがありました。今回お話を聞いて感じたのは、「マーケティング」=「声高にアピールして買ってもらう」ではなく、「マーケティング」=「企業の情報を正しく伝えて、サービスや商品を買ってもらいやすい環境を作ること」なんだという事です。
個人的には、webで「売り売り」なページは敬遠してしまうのですが、売るための手法というより、顧客とのよい関係性を築くための手法と考え得ればしっくりきます。
それって、いわゆるロングエンゲージメントに近い考えじゃないかと思いました。

クライアントとのコミュニケーションの重要性について


長谷川さんのお話では、上記「見込客のフォロー」として、「クライアントとのコミュニケーションを密に取るべき」との事でした。
ここでいう、コミュニケーションというのは、ダイレクトな対話だけでなく、有益なコンテンツの発信など必ずしも双方向のコミュニケーションではないようですがー。
まさに、それですね。
有益なコンテンツの発信=コミュニケーションという発想はありませんでしたが、有益なコンテンツ発信は本当に大切だと思っていたので、
自分が漠然と考えていたことが、間違ってなかったんだなと(笑)

ちょっと意訳かもしれませんが・・・

気になった事


重要性も必要性もすごく理解できます。
有益なコンテンツを作り続ける事って、なかなかできないですよね?
いや、それができなかったら、webで営業活動するなよってことかもしれないけど。
少なくとも、我々制作者はクライアントが更新しやすい形のwebを用意して、
更新する事の方向性を明確に示してあげないといけないのかなと思います。

今までは、どちかというと、「更新」についてはクライアント任せな部分が多かったです。
文章を書いたり、写真を取ったり、もっというとパソコン操作も含めて得手不得手があります。そうゆう状況でも、クライアントが苦労無く更新して、webを使っていけるように設計してあげる事が制作サイドの「見込客のフォロー」につながるのかなぁと。
見込客というよりは、既存客か。
いずれにしても、きめ細かいフォローは今まで以上に重要だと感じました。

ちょっと話がそれましたが、今回お聞きできた内容をしっかり咀嚼して、自分なりに業務に役立てればと思っています。
講師の長谷川さんはじめ、id=Naganoのスタッフの皆さん、有益な時間をありがとうございました。

あ、ちょっと時間があったので、善光寺にお参りに行っていってきました。
何をお願いしたかって?
そりゃもちろん、今日の勝利ですよ!
ONE SOUL!

2012/02/23 0:41

もう扱うこともないかもしれないですが、備忘録として・・・

EC-CUBEは、このブログでも何度か取り上げている純国産のオープンソースECサイト作成CMSです。
賛否はあるにせよ、自由にカスタマイズできて、無料で使えるので、お使いの方も多いのではないかと思います。
で、そんなEC-CUBEですが、デフォルトでは、PCで表示すると会員登録画面が必ず表示されてしまいます。また、モバイルページに至っては、会員登録をしないと購入できないという仕様になっています。

利用用途によっては、会員登録させたくないという場合もありますので、その方法をご紹介します。
ちなみに今回のバージョンは2.11.4です。

PCの購入ページ

data/class/pages/shopping/LC_Page_Shopping.php
これのファイルは、会員登録しない場合の画面を制御するファイルです。 この中盤あたりに、
actionという関数が用意されています。詳しくわかりませんが、どうやらここで 購入ボタンを押したあとの挙動を判定しているようです。

        // お客様情報入力ページの表示
        case 'nonmember':
            $this->tpl_mainpage = $nonmember_mainpage;
            $this->tpl_title = $nonmember_title;
            $this->lfInitParam($objFormParam);

nonmemberという状態の時に個人情報を入力するページを表示させているようですので、
デフォルト状態でも同じ挙動にさせるために
このdefault:をごっそり

         $this->tpl_mainpage = $nonmember_mainpage;
         $this->tpl_title = $nonmember_title;
         $this->lfInitParam($objFormParam);

と書換えます。

あとは、テンプレート側で、会員登録やログインなどの表示を消してあげます。 (これが地味にめんどくさいです)

モバイルページ

data/Smarty/templates/moblime/shopping/index.tpl
デフォルトでは、会員登録や、ログインの記述がありますので、そこをごっそり消して、

購入手続き
<form name="member_form" id="member_form" method="post" action="./index.php">
<input type="hidden" name="mode" value="nonmember" />
<input type="hidden" name="<!--{$smarty.const.TRANSACTION_ID_NAME}-->" value="<!--{$transactionid}-->" />
<div align="center"><input type="submit" value="購入手続きへ" name="buystep" id="buystep"></div><br>
</form>

このようにします。

次に、
data/Smarty/templates/moblime/shopping/nomember_input.tpl
というファイルを新規で作成します。
これは、先にPC版で修正したファイルと同じようなものですが、購入者の情報などを入力させるためのコードが必要になります。
PC版か、スマフォの同名のファイルをコピーして、不要な部分を削除すればよいかと思います。

以上です。
こういったカスタマイズが自由にできるのは魅力ですが、あまり深入りしてしまうと、バージョンアップした時に動かなくなったり・・・と心配もあります。
・・・いづれにしても上記の方法で実装可能でした。やるやらないは、個人のご判断で。

■参考
KH-WEBLOG 携帯サイトでも会員登録しないで購入できるようにする:EC-CUBE2.11.1

2012/02/19 17:39

今朝方、僕のツイッターをフォローされている方にスパムDMが届いてしまったようです。僕の不注意でスパムを踏んでしまいました。
心からお詫び申し上げます。

で、どういったスパムだったか、分かる範囲でご報告いたします。

【状況】

このようなDMが届きます。

DMに記載されているURLをクリックすると、フォロワーに対して同様のDMが送信されます。
リンク先は、ツイッターの認証ができない的なメッセージが表示されて、ツイッターのID及び、パスワードの入力を求められます。
これは、フィッシングサイトの恐れがあります。

もし、僕からのDMで記載されているURLをクリックして、ID・パスワードを入力してしまった場合は、速やかにパスワードを変更してください。

なお、スパムに関する詳しい対処方法は、
@unnotさんが報告してくださったように、

1.パスワードを変更する。
2.問題となるDMを削除する。

ことが最善の対策のようです。
詳しくは、下記のページをご覧ください。
>Twitterスパムなどのまとめサイト

ツイッターやFacebookは、もはや普段の生活の一部になっています。そこに人が集まっているということは、当然ながら一部の悪意がある人(スパム行為をする人)もいるというわけで、今回のような事は実はよくあったりします。
最終的には、利用者自身が気をつけなければならないのかもしれないですが・・・

DMなんかはとてもプライベートな部分でありますので、知らない人や知っている人でも何か変なものは無視してしまうのが一番良いかと思いました。

いずれにしても、みなさんに大変ご迷惑をおかけしました。
ごめんなさい。

それにしても、スパムの伝播力はすごいな…
こうゆう技術をもっと別の使い方すれば、きっと世界は今よりもっと素晴らしくなると思う。

2012/02/17 22:09


最近、webサービス紹介ブログになりつつありますが、これも巷で流行っているのでご紹介。

Pinterest(ピンタレスト)
web上の画像をクリッピングして共有するサービスです。
画像に特価したソーシャルネットワークとでも言えばいいでしょうか?

僕も始めたばかりなので、いったいどういった使い方ができるか模索中です。
純粋に気に入った画像を収集する?
デザインするときの参考にしたいパーツをストックする?
欲しいものを集めてニヤニヤする?
ワインとかの銘柄をストックする?
物販とかされている方は、自社製品の画像をストックしておくのもいいかもしれません。

画像の収集(pin)は、専用のブックマークレットから簡単にできます。

自分や他の人がpinした(収集した)画像には、当然コメントや「like」をつけることもできるので、画像を介したコミュニケーションも可能です。・・・というか、それが醍醐味なんでしょう。

いよいよ、SNSサービスが乱立して、細分化してきた感がありますが、こういった面白いサービスは人生をより楽しくすると思うので、よいと思います。

あ、Pinterestをはじめるには、インビテーションを受けないといけません。
サイト上で登録も可能です(僕の場合、1日程で招待されました)が、僕からのご招待も可能ですので、興味がある方は、ご連絡ください。

ちなみに僕のアカウントはこちら。
>4_1のpinterest
良かったらフォローしてくださいね。

2012/02/16 23:09



つい先日の事ですが、「Gumroad」というサービスがローンチされて、軽くバズっていますのでご紹介します。

Gumroad
web上で簡単にコンテンツデータ(写真・デザイン・音楽etc)を販売できるサービスです。

昨日は英語だったのに、もう日本語訳されている!

Gumroad自体は、facebookやtwitterのアカウントでログインできるので、
実質必要なものは、paypalのアカウントのみ。(売上の受取に必要です)

データをアップロードすると、専用のURLが発行されるので、それをそのままソーシャルに流すという流れです。

web上で簡単に自分の才能をマネタイズできるというのはとても魅力的だと思います。
webって、もともと無料なものなので、そこにあふれるコンテンツもなかなか課金できにくい環境であると思います。もちろん、使う側からすれば、無料に越したことはないのですが、それではコンテンツ制作者の苦労は報われません。(二次的なメリットが見込める場合があって無料で公開している事が多いと思いますが)

こういったサービスに限らず、個人がweb上でマネタイズを行なっていきやすい土壌はこれから増えていくんじゃないかと思います。

あ、ちなみに下に僕の写真なんかをアップしてみました。
べっ別に買ってアピールじゃないからね。

でも、購入もカード一枚でできるので楽チンです♪
腕に覚えがある方は、試してみてください。


田舎


あれですね、自分の販売しているコンテンツを一覧で見せられるといいですね。