gifteeが地方でも使えるようになっていた | Home | USTREAMでおひねりができるらしい
2012/08/10 1:28 | 印刷

個人的に興味があって、twitter API登録をしてアプリを作ってみました。(正確にはまだ途中だけど)この手の記事は他にとても秀逸なものがたくさんあるのですが、備忘録としてまとめてみます。

1.アプリ登録

Twitter Developersでアプリ登録を行います。上記URLからディベロッパーサイトへログインして(個人のアカウントでログイン可能)登録をしていきます。

2.consumer keyなどの必要な情報をもらう

アプリの登録ができるとconsumer keyなどのアプリ制作時に必要な情報をもらえます。 それを控えておきます。※とても重要な情報なので間違えて公開しないように注意!

3.アプリを作る。

ここからが本番です。っていっても、ボクはそこまでの知識がないので今回はtwitteroauthのライブラリを使ってみます。

大変便利なライブラリで、ツイートの表示や、短縮URLの展開など今回作ったデモのコアな部分はほとんどこれを利用しています。

例えば、こんな感じのができたりします。

DEMO

自分のタイムラインから画像が含まれるものだけを拾って、画像も含めてPinterest風にアプリというかガジェットみたいなの。

ちなみに、表示は、Wookmarkというjqueryのプラグインを利用しています。

一応、twitter オフィシャル、twitpic、yflog、ついっぷるフォトは対応してます。
かなりナルシストなガジェットになってますが・・・(どれだけ自分好きなん?)
えっと、二次利用も考えておりますので(!)乞うご期待。

注意点

公開先URLを間違えないでね。
→アプリ登録の際に登録したURLでないとアプリは動きません。 まずここで、つまずきましたorz

SSL認証書のチェックを省略する。
デフォルトではSSL認証書のチェックが入ってしまうのですが、 それが環境にとってエラーになってしまうようです。(ここですごくはまりました)

$tmhOAuth = new tmhOAuth(array(
  'consumer_key'    => 'xxxxxx',
  'consumer_secret' => 'xxxxx',
  'user_token'      => 'xxxxxx',
  'user_secret'     => 'xxxxx',
  'curl_ssl_verifypeer' => false,
));

こんな感じでSSL認証を省略してあげる必要がある場合もあるようです。

・・・と、アプリ本体は別として結構簡単にOAuthを使ったツイッターアプリができました。意外とハードルが低いということがわかったので、もう少し勉強してきちんとしたアプリをリリースできるように頑張ってみたいと思います。

こうゆうプログラミング的なことが少しでもわかってくると、表現の幅が広がりますし、アイディアを具現化できる喜びも感じられます。まだまだ、ぜんぜんペーペーなので、あれですが。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。